季語/日雀(ひがら)を使った俳句

「日雀」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「日雀」について

【表記】日雀

【読み方】ひがら

【ローマ字読み】higara

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ひ」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

日雀を含む俳句例

芝舞台日雀山雀四十雀/星野紗一

日雀啼き大日岳の霧霽らす/高澤良一

啼き声の日雀来てをり醤油蔵/森澄雄

白樺帯日雀声降り径かよふ/山谷春潮

大月の高野に日雀聞く慣ひ/大橋敦子

森に開く手帳純白日雀鳴く/橋本榮治

高はごや三羽の日雀一と串に/栗生純夫

二重窓に日雀ちらつく雪の果/斎藤節子

松島の松をこぼるる日雀かな/成田千空

山へ行く日雀の囮子は提げて/木村蕪城

山荘や日雀火急のこゑとばし/小林謙光

栃の芽の合掌久し日雀鳴く/望月たかし

没りゆく日雀一瞬重なりて/篠田悌二郎

落葉籠日雀の声も入れて来し/原ちあき

日雀来てうながす春の山開き/吉澤卯一

日雀来てをり朝の日が森に/柴田白葉女

日雀来る一竹叢の吹かれをり/皆川盤水

ぼけ咲いて日雀小雀のくる日かな/中勘助

地鳴きして岳去り難き日雀をり/澤田緑生

忙せわし日雀にまじり雀跳ね/赤城さかえ

俳句例:21句目~

恵那山の放てる日雀こぼれ来ぬ/栗生純夫

日雀鳴くひねもす木曽の青の中/矢島渚男

日雀ゐて石の髄まで凍ててをり/加藤楸邨

虫干をせねばせねばと日雀かな/石川桂郎

連山の輪にとざされて日雀かな/柚木紀子

日雀来る山家は縁に栗など干し/宮下翠舟

日雀やさしく歌ふよ雪の修道院/古賀まり子

木の葉散る如く日雀のむれ翔びぬ/池田歌子

日雀鳴きつるうめもどき色増せり/高澤良一

日雀来てすぐ去る寒き日なりけり/水原秋櫻子

母の日の日雀さざめきわたるなり/鈴木しげを

稿せわし日雀にまじり雀跳ね/赤城さかえ句集

雲中に入りしままなる日雀かな/伊予田由美子

日雀啼く或る日さみしさ火のやうに/神尾久美子

細つそりと日雀来てをり子は病める/殿村莵絲子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ