季語/蝸牛(かたつむり)を使った俳句

「蝸牛」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蝸牛」について

【表記】蝸牛

【読み方】かたつむり

【ローマ字読み】katatsumuri

子季語・関連季語・傍題・類語など

・かたつむり(かたつむり:katatsumuri_)

・かたつぶり(かたつぶり:katatsuburi)

・ででむし(ででむし:dedemushi)

・でんでん虫(でんでんむし:dendemmushi)

・まいまい(まいまい:maimai_)

季節による分類

・「か」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

蝸牛を含む俳句例

一筆に神書きし渦蝸牛/上野泰

蝸牛程の私の運動量/高澤良一

争はで行き来ふ年ぞ蝸牛/文梁

怠らぬあゆみ恐ろし蝸牛/太祇

俳諧道五十三次蝸牛/加藤郁乎

秋風やたま~土に蝸牛/原月舟

草庵の三幹竹や蝸牛/岩木躑躅

蝸牛や蛙の後の雨つゞき/山肆

詩仙堂雨の扉の蝸牛/田中王城

蝸牛雨の郵便局が混み/宮津昭彦

蝸牛道へ擲ち庭手入/吉良比呂武

竿の上滑り易くて蝸牛/高澤良一

蝸牛生涯かけて飲む薬/斎藤道子

文鎮の如く芭蕉に蝸牛/京極杞陽

持ありく家はいづくへ蝸牛/蝶夢

蝸牛水の玉には水の膜/小宅容義

蝸牛に読むは竹取物語/松藤夏山

影高き松にのぞむや蝸牛/炭太祇

蝸牛喪の暦日は過ぎ易し/安住敦

点滴にうたれてこもる蝸牛/蕪村

俳句例:21句目~

芭蕉葉の裏に表に蝸牛/京極杞陽

蝸牛君が方へともゝすしり/雁宕

蝸牛わが薄情の四十面/古舘曹人

先生の鞄より出る蝸牛/光成敏子

夏山や桶に大きな蝸牛/岸本尚毅

箸にうつす桑の中より蝸牛/霞夫

蘭の香や角ふりもどす蝸牛/桃隣

戸袋の節穴ほどの蝸牛/田中美沙

一生の重き罪負ふ蝸牛/富安風生

月明の岩より湧きし蝸牛/田中冬子

朝鮮は蝸牛程の大きさよ/子規句集

木に草に雨明るしや蝸牛/長谷川櫂

来し跡のつくが浅まし蝸牛/炭太祇

枯蝸牛白きひかりのなかの眉/原裕

梅雨寒や屏風を渡る蝸牛/庄司瓦全

殻負へる蝸牛より倖せに/高澤良一

蝸牛や墳にはやての松林/古舘曹人

波の辺に眦つよき蝸牛/宇多喜代子

蝸牛や無学不粋の大地主/福田蓼汀

一日の旅路しるきや蝸牛/正岡子規

俳句例:41句目~

蝸牛や畳を這へる風雅者/野村喜舟

蝸牛や蜆の水をもつてこい/龍岡晋

蝸牛や青山半蔵幽居の間/西本一都

蝸牛妙な明るさ遺しけり/高澤良一

蝸牛寄り易き木ぞ月桂樹/高澤良一

蝸牛幹より剥がす朝餐後/横山房子

角立てゝ立聴き顔や蝸牛/羅蘇山人

仰向きに人運ばるる蝸牛/岸本尚毅

蝸牛渦のぐるぐる颱風裡/高澤良一

蓑虫の角やゆづりし蝸牛/山口素堂

傘にたゝみこみけり蝸牛/横井也有

蝸牛渦の終りに點をうつ/山口誓子

蝸牛版木は蔵に眠りゐて/本居三太

蝸牛玉と変りて冬眠す/百合山羽公

光陰は竹の一節蝸牛/阿部みどり女

蝸牛皆動きをり文書かん/香西照雄

蝸牛の皆動きをり雨の垣/高濱年尾

蝸牛の渦より宇宙膨張説/高澤良一

蝸牛睦む証の殻ふたつ/百合山羽公

蝸牛聖パウロの絵硝子に/細川加賀

俳句例:61句目~

蝸牛の住はてし宿やうつせ貝/蕪村

蝸牛這はせ宿題終りたり/松沢久子

葉より落つ夏満月の蝸牛/目迫秩父

凩となりぬ蝸牛の空せ貝/榎本其角

力まずに過す余生や蝸牛/八谷きく

蝸牛鳴くか雨夜は竹の奥/藤野古白

集金人涼む鳥居に蝸牛/田川飛旅子

蝸牛に石過ちし障子かな/島田青峰

雨漏るや燭して壁に蝸牛/会津八一

喪失の途中にありぬ蝸牛/和田悟朗

でで虫に深淵なせる油壷/高澤良一

落柿舎の時をとどめて蝸牛/長田等

禅林に降り残さるゝ蝸牛/高澤良一

こもり居て雨うたがふや蝸牛/蕪村

でで虫の腸さむき月夜かな/原石鼎

夕月や遠出しすぎし蝸牛/中村明子

夕焼けは神話のほとり蝸牛/橋口等

鬼灯の根に汚れ出る蝸牛/右城暮石

でで虫や水で洗ひし戸の狂/上村占

牧に降る雨は明るし蝸牛/嶋田一歩

俳句例:81句目~

存念は雅馴に遅筆の蝸牛/石原八束

なほ容とどむ朽木に蝸牛/高澤良一

家建てて晩年が来て蝸牛/辻田克巳

寒に入る蝸牛らも石の類/鷹羽狩行

巡礼の遠のくやうに蝸牛/高澤良一

廟裏に生れみ仏の蝸牛/つじ加代子

誘惑の雨でで虫の殻叩く/前川/実

若竹や砂に落ちたる蝸牛/野村泊月

折あしと角おさめけむ蝸牛/炭太祇

摺鉢やこつりと落し蝸牛/小峰大羽

撒水の庭に出てきし蝸牛/高木冨美

日暮から桐の木のぼる蝸牛/原田喬

明るさに海ある記憶蝸牛/木村蕪城

昏れんとし幹の途中の蝸牛/桂信子

蝸牛の角がなければ長閑哉/寺田寅彦

元興寺の鉦鳴つてゐる蝸牛/河合照子

いつの間に近くにをりし蝸牛/岸田稚

いつまでも硝子の裏の蝸牛/森賀まり

水逝くとてのひらにのる蝸牛/桂信子

いまの世にあはぬ男や蝸牛/田中裕明

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ