季語/虫干(むしぼし)を使った俳句

「虫干」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「虫干」について

【表記】虫干

【読み方】むしぼし

【ローマ字読み】mushiboshi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・土用干(どようぼし:doyoboshi)

・曝書(ばくしょ:bakusho)

・虫払い(むしばらい:mushibarai)

季節による分類

・「む」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

虫干を含む俳句例

飽足らぬ女心や虫払/鷺喬

元禄の長者番附虫払/小松月尚

内張の銭の暑さや土用干/許六

虫干の吹毛九尺薪寺/松瀬青々

秀吉の書状短しお風入/森田峠

一竿は死装束や土用干し/許六

港より見えて廓の土用干/篠原

山の家の虫干風や棉の花/原月舟

長持の奈落の衣や虫払/籾山柑子

かけたらぬ女心や土用干/千代女

虫干のほのめく衣や草の宿/虚子

虫干の塵や百年二百年/正岡子規

なき人の小袖も今や土用干/芭蕉

涅槃衣も衣箪笥や虫払/喜谷六花

罪ふかき女めでたし土用干/鬼貫

虫干や寺世話人の古袴/渡辺香墨

筆のもの忌日ながらや虫払/召波

虫干しの紐蝶結び玉結び/檜紀代

虫払鼠の糞の大いなる/飯田蛇笏

虫干しや甥の僧訪ふ東大寺/蕪村

俳句例:21句目~

虫干や手畳敷を大般若/藤野古白

虫干や古の経巻き返し/尾崎迷堂

戊辰頃の父の日記や土用干/黒風

虫干の母の信玄袋かな/柳下良尾

虫干や吉野初瀬を二度の雲/鉄丸

寺縁起三十丈のお風入/渡辺俊子

亡き人の小袖も今や土用干/芭蕉

虫干や父の結城の我似合ふ/茅舎

虫干や裏の竹きる薪寺/松瀬青々

無き人の小袖も今や土用干/芭蕉

大学の隷書の印や書を曝す/小林理

けし咲くや雛の小袖の虫払ひ/可南

土用干父の形身の支那鞄/朝山義高

山を見る二階なりけり土用干/涼菟

黄表紙の糸のほつれや土用干/紅緑

拝領のもの一竿や土用干/高浜虚子

法體の先祖の像や土用干/会津八一

虫干や散らぬ三十六歌仙/野村喜舟

獅子頭八方にらむ土用干/加藤一智

虫干や東寺の鐘に遠き縁/飯田蛇笏

俳句例:41句目~

虫干や襟より父の爪楊枝/川端茅舎

虫干や質屋の通ひ竿の先/尾崎紅葉

曝す書の薄し戦没学徒集/岩崎照子

槻かげに主憩へり土用干/西山泊雲

一束の古き寫眞や土用干/会津八一

時頼公強装束のお風入れ/高澤良一

打敷に小袖の名残お風入/山敷恵三

経櫃の参之内参お風入れ/高澤良一

寺に生れ寺に育ちて虫払/能美丹詠

虫干や金沢文庫経ばかり/野村喜舟

政宗の眼もあらん土用干/正岡子規

経櫃に虫払せし日を誌す/下村梅子

蜑が戸の虫干見ゆる澳辺かな/誓子

虫干や庵に久しき松ふぐり/加舎白雄

山人の衣裳持なり土用干し/河野静雲

山姫や鹿の子白無垢土用干/山口素堂

虫干しの開山語録と韓櫃と/高澤良一

土用干千人針の捨て切れず/橋本蝸角

崩れ居る懐爐の灰や土用干/会津八一

灯台の虫干見学者にさらす/矢島渚男

俳句例:61句目~

風入れの釣竿の穂に結ひし糸/上村占

真贋はともかく一茶土用干/高橋秋郊

虫干しの一竿すずし土用干/正岡子規

虫干や甘んじてなる保守の人/森鴎外

虫干や白粉の花さきこぼれ/村上鬼城

虫干や絵巻ほどけば姫の髪/中村堯子

風入れの案内当山方丈にて/高澤良一

書を曝す中に紅惨戦絵図/橋本多佳子

風入や五位の司の奈良下り/正岡子規

龍宮も今日の潮路や土用干/松尾芭蕉

虫干や捲き癖つきし鹿の皮/籾山柑子

祥啓の耳毛の達磨お風入れ/高澤良一

虫干や返す人亡き書一函/河東碧梧桐

虫干や遺影の兄は椰子に凭り/轡田進

虫干や野口英世の姉の刀自/西本一都

虫干に蕪村の偽筆掛りけり/正岡子規

虫干に金の燭台ありにけり/山本洋子

曝書人年若くして官高し/池上浩山人

曝書して浦の白波攻めつづく/中拓夫

方丈を大きく使ひお風入れ/高澤良一

俳句例:81句目~

虫干のこの紬着て遺影夫/塩谷はつ枝

伝牧渓伝何くれとお風入れ/高澤良一

鴆毒の壷も曝すやお虫干/芥川龍之介

虫干の中に匂ふやさくら餅/岡本松浜

虫干の四S遠くなりにけり/三村純也

うたゝ寝や揚屋に似たる土用干/其角

虫干の寺宝に遊女苦役の図/松藤夏山

さらさらと又落衣や土用干/皆吉爽雨

それぢやあがり昔恥けん土用干/昌夏

虫干の振袖纏ふたはむれて/品川鈴子

虫干の母の貧しき金銭簿/丸田余志子

わが物も昔になりぬ土用干/子規句集

お風入れ道隆さまの洗面具/高澤良一

虫干の箱あけまじき鼠かな/佐藤紅緑

縁に腰して曝書の人と語り去る/篠原

二郎雨三郎風や土用干/菅原師竹句集

笏載せて縁起十巻書を曝す/木田素子

白無垢の一竿すずし土用干/正岡子規

いさゝかな料理出来たり土用干/蕪村

虫干の衣の香にゐて客主/吉岡禅寺洞

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ