季語/籐椅子(とういす)を使った俳句

「籐椅子」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「籐椅子」について

【表記】籐椅子

【読み方】とういす

【ローマ字読み】toisu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・籐寝椅子(とうねいす:toneisu)

季節による分類

・「と」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

籐椅子を含む俳句例

一碧の水平線へ籐寝椅子/篠原

歳月の鈍き飴色籐寝椅子/狩野朝子

信州は嶺の夕陰籐寝椅子/桂樟蹊子

杖一竿洋書若干古籐椅子/富安風生

星涼し遊歩甲板の籐椅子に/岸風三楼

籐椅子に深々沈むペイネ館/高澤良一

籐椅子に深くかけてぞ老いし人/篠原

籐寝椅子悪夢に髪を挟まれる/蔦悦子

籐椅子に寝て母人に聞く話/京極杞陽

週末は虹を門とす籐寝椅子/中島斌雄

遠き日の父と波音籐寝椅子/清水節子

籐椅子の母に及ばず扇風機/久米正雄

古妻に先をこされし籐寝椅子/原柯城

鎌倉は雲流るるよ籐寝椅子/高橋淑子

中風の胡桃落すや古籐椅子/野村喜舟

籐椅子を愛し身辺の句を愛す/安住敦

六階の売籐椅子に腰も掛け/高木晴子

籐椅子と同齢吾も飴色に/岡本まち子

籐椅子にあれば草木花鳥来/高濱虚子

籐椅子が届きて皆に坐らるる/角光雄

俳句例:21句目~

籐椅子や青松毬を夕眺め/楠目橙黄子

籐椅子になびく隣家の薄煙り/桂信子

山荘の月日籐椅子にも月日/稲畑汀子

籐椅子や海の傾き壁をなす/山口誓子

籐椅子や斎館広き縁を持つ/高浜年尾

籐椅子も句机もいま山荘に/高木晴子

父旅に父の籐椅子空いてをり/上野泰

籐寝椅子瞑想録をかたはらに/長谷川櫂

あれ程の嘆きを籐椅子に睡り/江口喜一

籐寝椅子果実のごとき女あり/長谷川櫂

籐寝椅子その俤のよこたはる/長谷川櫂

籐椅子の位置を正して客を待つ/北川草

まづしさの籐椅子はある朝/栗林一石路

一生の疲れのどつと籐椅子に/富安風生

休日の海のひろがり籐寝椅子/赤尾恵以

両舷の景相似たり籐寝椅子/山口波津女

青海に濡れ来し髪膚籐寝椅子/中島斌男

籐椅子のどこか光りて部屋暗し/森田峠

山荘の刻とどまれる古籐椅子/山田弘子

籐椅子飴色何々婚に関係なし/鈴木栄子

俳句例:41句目~

揺籐椅子ゆれてゐるのも退屈な/辻桃子

新任の宿屋住居の籐椅子かな/唐沢樹子

籐椅子を立ちて来し用忘れけり/安住敦

朝が来ており電球に籐椅子に/小宅容義

籐椅子の人に風ある二階かな/島田青峰

松の花こぼるる椽の籐椅子に/田中冬二

洗ひ髪かはく間月の籐椅子に/杉田久女

籐椅子が廊下にありし国敗れ/川崎展宏

籐椅子や海鳴り近き子の眠り/寺山修司

用ゆれば古籐椅子も用を為す/高浜虚子

籐椅子が四つ四人姉妹会ふ/橋本多佳子

籐椅子の唯静かなる朝日かな/島田青峰

籐椅子にゐて塩田が見渡され/岸本尚毅

籐椅子に形よき脚組みゐたり/長谷川櫂

籐椅子もなくて畳にはらばひぬ/上村占

籐椅子の籐のほつれも飴色に/伊藤敬子

籐椅子におのが重みを感じをり/上野泰

籐椅子や顔あぐるたび島一つ/細川加賀

爪先にとどく潮騒籐寝椅子/片山由美子

籐椅子に青山聳てり並びかく/岸風三楼

俳句例:61句目~

堂縁に籐椅子も置ける客設け/高濱年尾

胸病みし父を偲べば籐寝椅子/今泉貞鳳

退官のやはり淋しく籐寝椅子/遠藤梧逸

籐椅子や読むべきものに堀辰雄/安住敦

籐椅子や背に故旧呼ぶ風の声/老川敏彦

醒むるたび浪音白し籐寝椅子/中島斌男

籐椅子に父とは杳き煙草の香/鈴木栄子

籐椅子に刺繍の海を刺し広ぐ/佐久間尚子

籐椅子に夜々ある湖の真暗がり/日置草崖

籐椅子に夜を大事にしてをりし/嶋田一歩

籐椅子に巻紙垂らしつつ読めり/岩崎照子

籐椅子に師あれば簷に富士青し/岸風三楼

籐椅子に心沈みて午寝かな/長谷川零餘子

籐椅子に日影及びしが今は無し/島田青峰

籐椅子に時計が鳴つて濃き没日/赤尾兜子

籐椅子に暮れゆく高嶺見てゐたり/及川貞

籐椅子に海荒るる日の衿きよし/中嶋秀子

籐椅子に眠れば人に忘れられ/岩淵喜代子

籐椅子に寝て人の世の浮き沈み/大野高洲

籐椅子のうしろ姿もなまめかし/岸風三楼

俳句例:81句目~

籐椅子の誘はれ欠伸噛みにけり/石川桂郎

籐椅子の軋みは己が身のきしみ/八染藍子

籐椅子の骨が鳴りしか吾が骨か/今瀬剛一

籐椅子やひと日かならず夕あり/井沢正江

籐椅子や一日かならず夕べあり/井沢正江

籐椅子や壁に貼られし慰問図画/皆川白陀

籐椅子や旅にしありて今朝の雨/長谷川櫂

籐椅子や暮れて晩年まる見えに/西川五郎

籐椅子や潮のなぎさは垣がくれ/木津柳芽

衣更へてあかるき縁の籐椅子に/田中冬二

部屋模様替へ籐椅子を二つ置く/星野立子

雪嶺に対す籐椅子ふたつ置かれ/岸風三楼

悪阻とは船酔に似て籐寝椅子/嶋田摩耶子

歳月のゆるび我が身に籐寝椅子/木村風師

胸元へゆるき夜が降り籐寝椅子/嶋田麻紀

はたらきし手を籐椅子にまかせをり/林翔

農婦来て病むかと問ひぬ籐寝椅子/岡本眸

夏藤のこぼれて籐椅子朝のまゝ/高野素十

星の話などして船の籐椅子に/千本木溟子

東京に住む籐椅子を置きにけり/遠藤梧逸

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ