季語/ひめ始を使った俳句

「ひめ始」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「ひめ始」について

【表記】ひめ始

【読み方】ひめはじめ

【ローマ字読み】himehajime

子季語・関連季語・傍題・類語など

・姫始(ひめはじめ:himehajime_)

・飛馬始(ひめはじめ:himehajime__)

・姫糊始(ひめはじめ:himehajime___)

・火水始(ひめはじめ:himehajime5)

・密事始(ひめはじめ:himehajime6)

季節による分類

・「ひ」で始まる新年の季語

・「新年の行事」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

ひめ始を含む俳句例

姫始水平線は空にあり/高木/智

日の丸の闇に垂れゐる姫始/吉田汀史

山国の雪が泣くなり姫はじめ/岸田稚

ひめ始八重垣つくるみ雪かな/増田龍雨

言葉にも矯め方があり姫始め/高澤良一

云々と聞かされてゐる姫はじめ/角光雄

姫はじめ闇美しといひにけり/矢島渚男

ワインロゼほのかに残り姫始/斉藤すず子

ほこ長し天が下照る姫はじめ/杉木望一/