季語/四方拝(しほうはい)を使った俳句

「四方拝」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「四方拝」について

【表記】四方拝

【読み方】しほうはい

【ローマ字読み】shihohai

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「し」で始まる新年の季語

・「新年の行事」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

四方拝を含む俳句例

拍手が山彦となる四方拝/石津不及

鳥の声花ある方へ四方拝/斯波園女

仏滅ではじまる年の四方拝/川崎陽子

四方拝太古のままの空昏き/鈴木鶉衣

四方拝校庭嶺々を繞らせる/黒崎六禄

四方拝禁裡の垣ぞ拝まるゝ/松瀬青々

御衣霜に映えて美し四方拝/赤木格堂

みちのくの一教師たり四方拝/生内紫水

四方拝果てゝや木々に風渡る/内藤鳴雪

四方拝雪にひびきし祝詞かな/山本九曇

還暦のこころ無にして四方拝/高橋克郎

しののめや博士まうづる四方拝/筑紫磐井

またたける灯に明け近し四方拝/岡本圭岳

四方拝雪のあなたの畏こけれ/長谷川かな女

鶴のごとし人在しけり四方拝/久保田九品太

四方拝すでに下り立たせ給ひけり/東洋城千句

四方拝内裏拝みにいざゆかむ/京-鞭石/元禄百人一句