季語/雛菊(ひなぎく)を使った俳句

「雛菊」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「雛菊」について

【表記】雛菊

【読み方】ひなぎく

【ローマ字読み】hinagiku

子季語・関連季語・傍題・類語など

・長命菊(ちょうめいぎく:chomeigiku)

・延命菊(えんめいぎく:emmeigiku)

・ときしらず(ときしらず:tokishirazu)

・デージー(でーじー:deji)

季節による分類

・「ひ」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

雛菊を含む俳句例

破靴や延命菊に雫せる/齋藤玄

小さき鉢に取りて雛菊鮮かに/篠原

雛菊や子の作文に大志あり/大原勉

雛菊や戸の内暗き百姓家/遠藤梧逸

仔雀や雛菊千が地を埋めて/草間時彦

売れ残りゐし雛菊の鉢を買ふ/湯川雅

日だまりに雛菊保育園の庭/大屋達治

雛菊に燭映え皇后誕生日/石田あき子

雛菊や庭の木椅子は隙だらけ/岡崎光

真珠は雛菊の子、ちちが爻る/加藤郁乎

雛菊に倦みて羊となりにけり/中村苑子

雛菊に植ゑ替へられし花時計/稲畑汀子

雛菊に遠嶺の虹のしばらくは/鷲見鈴子

雛菊や亡き子に母乳滴りて/柴崎左田男

枕もとに長命菊のさかりかな/正岡子規

デージーや意地悪さうな兎の眼/西村和子

畝咲きのまま雛菊の売られけり/小島淡嵩

雛菊のはやむなしさの首傾ぐ/河野多希女

このところデージーに凝る庭の主/高澤良一

デージーは星の雫に息づける/阿部みどり女

俳句例:21句目~

踏みて直ぐデージーの花起き上る/高濱虚子

雛菊にみどり児の眼は常に澄む/吉村ひさ志

デージーや夜空の星に眠りしか/阿部みどり女

雛菊咲きころんでもすぐ起きる児よ/星野明世

落葉被いで咲くデージーよなでしこよ/林原耒井

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ