季語/苗札(なえふだ)を使った俳句

「苗札」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「苗札」について

【表記】苗札

【読み方】なえふだ

【ローマ字読み】naefuda

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「な」で始まる春の季語

・「春の生活」を表す季語

・「仲春」に分類される季語

月ごとの分類

3月の季語

スポンサーリンク

苗札を含む俳句例

苗札のやや傾くは父の癖/藤原嶺人

七草の苗札立ちて何もなし/石川桂郎

苗札に似合ふ細身の女文字/今泉貞鳳

苗札に書き添ふ愛の花言葉/高間礼子

苗札の幽霊草の嫌はるる/後藤比奈夫

苗札や雨をいやがる馬の耳/小原俊一

よべ雨のありて痘痕の苗札よ/高澤良一

太陽が出る苗札のうしろより/辻田克巳

苗札に従ふ如く萌え出でぬ/門田蘇青子

鮮しき苗札濡れててんでんに/小池文子

苗札のかたむく雨の喪なりけり/細川加賀

苗札のたてこんでゐる幼稚園/高野ゆり子

苗札の字も消え父も逝きにけり/川口咲子

苗札も挿したる土もあたらしき/綾部仁喜

苗札を十あまり挿す夜も白し/八木林之助

苗札を夕のぞきして立てりけり/高濱虚子

苗札を犬来て嗅げり朝まだき/下村ひろし

苗札を聖句つぶやく如く読む/上田五千石

苗札を詩書くごとく誌しけり/山田みづえ

ややこしき名を苗札に書きにけり/細川加賀

俳句例:21句目~

苗札にへちまと書きてほほゑみぬ/鈴木鷹夫

苗札にややこしき名を書きにけり/細川加賀

苗札に遠くかたまり芽立つあり/米沢吾亦紅

苗札の誤字がにじみてあどけなし/河野南畦

苗札作る柾目のせちに揃ひしを/加倉井秋を

苗札がひとりたふるることありて/阿波野青畝

苗札の風にひらひらして読めず/三宮/美津子

苗札もびしょびしょに水遣りにけり/高澤良一

「一ねん一くみさかいのまさる」苗札に/辻桃子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ