季語/鶸(ひわ)を使った俳句

「鶸」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鶸」について

【表記】鶸

【読み方】ひわ

【ローマ字読み】hiwa

子季語・関連季語・傍題・類語など

・真鶸(まひわ:mahiwa)

・紅鶸(べにひわ:benihiwa)

・金翅雀(きんしじゃく:kinshijaku)

季節による分類

・「ひ」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

鶸を含む俳句例

雨にまた川なす山路鶸鶲/上村占

鶸鳴くや杉の梢に日の残り/柏後

群鶸や甲斐路笛吹川の春/及川貞

鶸渡る空や寺子の起き時分/浪化

鶸消えて雨の近しと恙妻/斉藤夏風

目白にもをされぬ鶸の羽色哉/重頼

飛びかはす鶸よ鶲よ雪の藪/泉鏡花

雲の峰また鶸の鳴き渡るなり/龍太

矢車の実に犀川の河原鶸/西本一都

鼠茸女のこえのあとの鶸/和知喜八

鶸舌頭千転茂吉墓域なり/堀口星眠

奥信濃竜の渡りの鶸千羽/関口恭代

形代や朝は真鶸の声澄みて/高橋馬相

朝寒の空一刷きに鶸のむれ/堀口星眠

ちいちいと山を鶸とぶ寒九かな/省二

笹叢に日の移りたる川原鶸/黒川純吉

河原鶸平等院を羽摶ち飛ぶ/皆川盤水

竹山や五月となりし鶸の声/太田鴻村

冬の鶸聲を落せり的場石/石田あき子

北の空暗し暗しと鶸が鳴く/飯田龍太

俳句例:21句目~

鶸鳴いて築土色刷く曇華院/堀口星眠

鶸渡り群山こぞり雲を出づ/相馬遷子

爪立ちて鶸鳴く梢春いまだ/堀口星眠

峡の空四五羽渡るを鶸と見き/上村占

紋の黄を晒して歩く河原鶸/櫻井掬泉

鶸の群小鳥の網をそれにけり/松藤夏山

鶸の鳴く古井戸の木の滑車音/吉田紫乃

鶸啼いて君が住む山寒からん/中川宋淵

すつぽんの春子を砂の鶸日和/石川桂郎

赤い実がひわを上戸にしたりけり/一茶

鶸渡る比叡へ流るる霧に乗り/鈴間斗史

鶸遠音笹かぶる井の底知らず/臼田亞浪

ふるさとや正月を啼く川原鶸/木下夕爾

パレットの洗ひて真白鶸の森/小林貴子

寒禽の鶸の辺に酌む盃うすし/森川暁水

佐保川の水光るなり河原鶸/濱田のぶ子

大たわみ大たわみして鶸わたる/上村占

寒禽の鶸の青餌を野にさぐる/森川暁水

庭の木に河原鶸くる昨日今日/柏戸知子

桜桃にをはりを知らぬ鶸の歌/堀口星眠

俳句例:41句目~

河原鶸あそぶ朝涼の水流す/柴田白葉女

河原鶸水を群れ立つ水立てり/都倉義孝

河原鶸風にながされ鳴きまどふ/上村占

海上に唐鶸の岬わたしけり/猪俣千代子

腋パッと開きて河原鶸立てり/高澤良一

群鶸の小旋風立てり牧閉ぢて/堀口星眠

羽ばたきの間遠に悲し網の鶸/星野立子

花栗に散るな死ぬなと朝の鶸/堀口星眠

雪の藪若鶸鳴いてしづかかな/田村了咲

雪嶺へ向けチカチカと鶸の嘴/木村蕪城

鶸の歌落葉松の枝踏みしづめ/福永耕二

鶸の群ことに大樹の夕暮は/小島千架子

洪水晴や瀬上に消ゆく鶸の群/金尾梅の門

うつくしき鶸も囮よ鳴いてゐる/山口青邨

一羽鳴きみな鳴き鶸の渡りけり/大畑善昭

つくし野の鶸野の径のありやなし/斎藤玄

つと飛びし真鶸高らに天がける/今牧茘枝

空ばかりこのごろはあり鶸の声/清水径子

河原鶸機屋のひるのしづもりに/山谷春潮

虎杖の揺れにのつたる河原鶸/安部孝一郎

俳句例:61句目~

渦の上翔けてかすめり河原鶸/下村ひろし

人来ねば鶸の来ている石舞台/松崎鉄之介

河原鶸しぐれの道となりにけり/尾林朝太

馬鈴薯植う頭上鶸ゆき雲がゆく/須並一衛

高土手に鶸の鳴く日や雲ちぎれ/浜田酒堂

鶸鳴けりうつむきて土くだくとき/中田剛

散りし子ら集ひて夜ののつぺ汁/川端鶸子

麦の芽の鶸色となり泊つるかな/中西舗土

鶸の子にちる花もあり草の中/佐藤惣之助

筑波嶺につづく刈田を鶸わたる/小林碧郎

鶸によく孔雀に馴れぬ少女かな/金森匏瓜

石に戯るる水のこゑとも河原鶸/山口草堂

河原鶸翔けて柳絮にまぎれけり/堀口星眠

鶸わたる冬日の下はひろかりき/高橋馬相

鶸寄りて散りて一樹や骨納め/鳥居美智子

さんしゆゆの鶸色に母屋没しけり/高澤良一

照り降りの沼が日射せば河原鶸/鈴木多江子

河原鶸ひよいと頭沈め餌をあさる/高澤良一

鶸ないてこずゑの風にかすみけり/飯田蛇笏

夕立晴れし籠に鶸啼く高音かな/大谷碧雲居

俳句例:81句目~

嚇りの鶸のみを聴き分けむとす/稲垣きくの

砂丘よりかぶさつて来ぬ鶸のむれ/鈴木花蓑

鶸の讃歌寄生木のまづ萌えたつを/堀口星眠

大屋根の鶸が降り立つ鶸のそば/鳥居美智子

二指の間に鶸鳥死すや安らけし/島村元句集

うすらひをつつつつと鶸浄瑠璃寺/高澤良一

鶸の声炭竃開き日和称へけり/飛鳥田れい無公

河原鶸来てをりファックス受信中/小林せつ子

ひと冬を鳴く鶸ありきたましひは崖にこぼるる土くれの量/前登志夫

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ