季語/冷酒(ひやざけ/れいしゅ)を使った俳句

「冷酒」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冷酒」について

【表記】冷酒

【読み方】ひやざけ/れいしゅ

【ローマ字読み】hiyazake

子季語・関連季語・傍題・類語など

・冷し酒(ひやしざけ:hiyashizake)

季節による分類

・「ひ」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

冷酒を含む俳句例

冷し酒旅人我をうらやまん/白雄

の名の川を讃へて冷し酒/小島健

青笹の一片沈む冷し酒/綾部仁喜

蘊蓄に片耳貸して冷し酒/高橋健文

竹林の風をたのしみ冷し酒/小島健

片膝を立てれば李白冷し酒/小島健

冷酒を山賊飲みに大夏炉/遠藤梧逸

冷酒やをかしき鳰の水走り/森澄雄

苦虫を肴に冷酒呷りをり/内田安茂

金箔をひとひら沈め冷し酒/長谷川櫂

冷し酒幽明界となりはじむ/石田波郷

一盞の冷酒に命あつきかな/巌谷小波

冷し酒世に躓きし膝撫ぜて/小林康治

椰子の葉に琉歌ひと節冷し酒/川勝春

冷酒に櫻をほむる獨りかな/幸田露伴

冷し酒男は粋をめざしけり/前野雅生

冷酒澄みコツプにきざす夕茜/三谷昭

冷酒のおりる段々咽にあり/川崎展宏

山国やひとりに余る冷し酒/舘岡沙緻

冷酒の利きたる老の口軽く/富田巨鹿

俳句例:21句目~

冷酒の氷ぐらりとまはりけり/飴山實

周五郎読み続けをり冷し酒/稲野博明

父酔へり母の忌日の冷酒に/菖蒲あや

冷し酒落葉松に夜の高さあり/大串章

冷酒にして口当りよき岩手川/高澤良一

甘口な冷酒に溺れ夫在らず/飯田以余子

冷酒に澄む二三字や猪口の底/日野草城

冷酒に酔ふていよいよ無口なる/梅田男

冷酒に黄鶲のこゑ透りけり/土岐錬太郎

冷酒や一言の悔いひきずりて/金子豊子

冷酒や老いて達者に嘘もつき/赤尾恵以

冷酒や鯛の目玉をすすりつつ/寺澤慶信

冷酒を吉野秀雄の墓にかける/石原八束

吃気のやうに冷酒注ぐなかれ/高澤良一

同慶の至りの冷酒注ぎ合へり/高澤良一

昼暗き地下にて一人冷酒飲む/清水昇子

潮風に酌みて冷酒は甘かりき/中村芳子

漁火よりも星座が近し冷し酒/冨山青沂

うすうすと佐渡の近づく冷し酒/小島健

一生の付き合ひとなり冷し酒/長谷川櫂

俳句例:41句目~

五十年忌修し正座の冷し酒/山崎千枝子

冷し酒世迷い言など申すなよ/高澤良一

冷し酒中上健次をおもひけり/佐川広治

冷し酒喉におとして意を決す/仙田洋子

山中の木々の匂へる冷し酒/大木あまり

晩景のととのつてきし冷し酒/大石悦子

浮世絵を出よ冷し酒注ぎに来よ/小澤實

ひとり居の昼の冷酒の酔少し/下村/福

塩漬けの小梅噛みつつ冷酒かな/徳川夢声

うかうかと過ごせし酔や冷し酒/青木月斗

のどごしのよさよ昼利く冷し酒/大矢章朔

噛み合はぬ相続ばなし冷酒酌む/森田幸子

冷酒呼ひていまだ帰らす亭の客/尾崎紅葉

冷し酒死んでしまひし戸田真/鈴木しげを

冷酒を飲みても酔へぬ虚ろなり/山本祐三

冷酒や蟹はなけれど烏賊裂かん/巌谷小波

冷酒やめよ竹の翁とならむには/石川桂郎

びいどろの出何處何處ぞ冷し酒/高橋睦郎

冷酒のひがしへ犬がつきあたる/坪内稔典

西荻はときどき雨の冷酒かな/藤田あけ烏

俳句例:61句目~

杜甫よりも李白が好きで冷し酒/依岡秋灯

冷酒に替りしんみりしてきたる/金子孝子

疎遠なることはともあれ冷し酒/高澤良一

豆腐一丁あれば御の字冷やし酒/高澤良一

樽冷酒つけたしに蕎麦すすりけり/石川桂郎

冷酒やつくねんとして酔ひにけり/石塚友二

蕎麦好きに匂ふ飛騨そば冷し酒/秋元不死男

おのづから冷酒のころの膝がしら/細川加賀

冷し酒ついには死者も謗らるる/能村登四郎

冷やし酒竹の匂へるごとくとも/本田正四郎

山の日暮れは山燃ゆるかに冷し酒/竹鼻瑠璃男

冷酒でいいからと声する不死男の忌/堀米秋良

酌み初めはきのふのごとし冷酒の旬/高澤良一

ぬかご焼いて冷酒とせむ蕎麦のまへ/石川桂郎

おねえちやん次は冷酒にしてんか/稲畑廣太郎

一石路の土鰻頭へ冷酒そそぎ泣けてくる/橋本夢道

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ