季語/蝦蛄(しゃこ)を使った俳句

「蝦蛄」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蝦蛄」について

【表記】蝦蛄

【読み方】しゃこ

【ローマ字読み】shako

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「し」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

蝦蛄を含む俳句例

蝦蛄剪つて濡るゝ鋏も春深し/龍雨

糶箱の蝦蛄秋灯に鎌を上ぐ/園部雨汀

蝦蛄を釣る地声の太き浜男/保坂リエ

水揚げの二人掛りの蝦蛄の桶/高澤良一

煤払ひ済みて晩酌地場の蝦蛄/高澤良一

産土よ蝦蛄となりゆく足のうら/上田玄

白峰の夜風なりけり蝦蛄の鮨/谷村幸子

籠の蝦蛄一つ跳ねれば一斉に/根葉松苑

蝦蛄が旬小樽の海の静かなる/大井雅人

蝦蛄舟の着きて朝から浜細る/高井北杜

釜地獄蝦蛄の鎧もうだり終ゆ/清原麦子

釜茹での蝦蛄に夕映始まれり/高澤良一

天空下蝦蛄仰向けに干されける/山口草堂

朝市の口開けといふ蝦蛄を買ふ/能村研三

縄外す蝦蛄わらわらと日を返す/木村敏男

蝦蛄や山のてつぺん明るうて/谷口佳世子

蝦蛄仙人掌咲く珈琲の香の中に/池田秀水

蝦蛄売のふらり来る街稲妻す/大木あまり

おほいなる蝦蛄の鎧のうすみどり/見學御舟

下冷や身の透く蝦蛄の土間に跳ね/石川桂郎

俳句例:21句目~

先生の馬に似し歯や蝦蛄を食ふ/吉岡禅師洞

月の出の月の輪郭蝦蛄ひしめき/矢野千代子

生ける蝦蛄茹でたる蝦蛄に水とばす/小澤實

背を曲げて蝦蛄鮓圧すにふくみ酒/萩原麦草

蝦蛄の尾のするどき扇ひらきけり/見学御舟

蝦蛄跳ねる手応へしかと手籠提げ/奥園克己

つらつら見蝦蛄や何為に透きとほる/下村槐太

カボスと蝦蛄と目細く生きて神代髷/谷山花猿

透きし身を重ねて暗し蝦蛄の桶/きくちつねこ

初めての蝦蛄に刺されし釣師われ/玉木/こうじ

死者のため茄でたての蝦蛄手で喰らふ/飯島晴子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ