季語/砕氷船(さいひょうせん)を使った俳句

「砕氷船」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「砕氷船」について

【表記】砕氷船

【読み方】さいひょうせん

【ローマ字読み】saihyosen

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「さ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

砕氷船を含む俳句例

月明や砕氷船の錨垂れ/井上康明

マスクして砕氷船のごと進む/林翔

湾外へ砕氷船の一路かな/久米幸叢

氷塊を水尾に伴ひ砕氷船/市川公吐子

海馬来たる砕氷船の後より/広中白骨

夜々見ゆる砕氷船の機関の火/及川牧風

砕氷船の水尾をたまりに漁り舟/林佑子

砕氷船大日輪をいただきぬ/佐藤青水草

砕氷船海に一路をのこしけり/松原千甫

砕氷船舳先いためて繋りをり/高木紫雲

砕氷船の航跡青し蹤いて航く/小野田洋々

砕氷船オロラの下に泊つるかも/間宮緑蔭

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ