季語/納豆汁(なっとうじる)を使った俳句

「納豆汁」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「納豆汁」について

【表記】納豆汁

【読み方】なっとうじる

【ローマ字読み】nattojiru

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「な」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

納豆汁を含む俳句例

臘八や腹を探れば納豆汁/許六

朝霜や室の揚屋の納豆汁/蕪村

腸をさぐりて見れば納豆汁/許六

納豆汁必くるゝ隣あり/高井几董

早咲の梅の香もあり納豆汁/黎鶏

納豆汁僧に参らす妻忌日/柴田松雪

膳の時はづす遊女や納豆汁/炭太祇

人道のよよとまゐりぬ納豆汁/蕪村

禅寺や丹田からき納豆汁/夏目漱石

僧と居て古び行気や納豆汁/炭太祇

入道のよゝとまいりぬ納豆汁/蕪村

練り繰りや烟に落ちる納豆汁/調和

糟糠の妻が好みや納豆汁/高浜虚子

天領の村の葬儀や納豆汁/木下咲子

砧盡て又のね覚や納豆汁/榎本其角

我庵の暖炉開きや納豆汁/正岡子規

斎腹の便々たりや納豆汁/黒柳召波

納豆汁冬嶺孤松秀でたり/佐藤飯人

藁づとに客な引きけり納豆汁/自笑

陋巷に尚生きる身や納豆汁/峰青嵐

俳句例:21句目~

反椀は家にふりたり納豆汁/黒柳召波

山寺に杣雇ふ日や納豆汁/岡本癖三酔

海へ鳴る五山の鐘や納豆汁/会津八一

直会の辛き地酒と納豆汁/山崎千枝子

箸割れば響く障子や納豆汁/石塚友二

納豆汁教師が故の貧しさに/小林宗一

納豆汁坂東をなほ軽んずる/大石悦子

納豆汁杓子に障る物もなし/石井露月

納豆汁腹あたたかに風寒し/正岡子規

老僧の洟をすゝつて納豆汁/寺田寅彦

ひたぶるに旅僧とめけり納豆汁/月居

行脚せば振舞ひうけん納豆汁/伊藤観

達磨忌や廓然として納豆汁/会津八一

俳諧の堂に入りけり納豆汁/青木月兎

雪国の朝はすがしや納豆汁/今城余白

雪見舟葱ふんだんに納豆汁/佐川広治

飽食の子等の好みの納豆汁/高田洋子

午近く主人起きけり納豆汁/岡本癖三酔

旅疲れ納豆汁に酔ひて居り/赤塚喜美枝

納豆汁旅に教師の髯のびぬ/近藤馬込子

俳句例:41句目~

機不況口には出さぬ納豆汁/松本ます枝

納豆汁犬も喰はざる喧嘩かな/会津八一

板の間に敷く座布団や納豆汁/草間時彦

なつと汁雪のとびつく戻り舟/角川春樹

二三子を招かばやと思ふ納豆汁/会津八一

ふるさとに忌を修しけり納豆汁/新井悠二

納豆汁おのが機嫌をとれずをり/岡田史乃

言ひ澱むには都合よき納豆汁/折原あきの

納豆汁比丘尼は比丘に劣りけり/黒柳召波

霜の降る落葉となりぬ納豆汁/岡本癖三酔

納豆汁に口すぼめ語る天保火事/島村元句集

うつくしき句をそしりけり納豆汁/小杉余子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ