季語/一輪草(いちりんそう)を使った俳句

「一輪草」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「一輪草」について

【表記】一輪草

【読み方】いちりんそう

【ローマ字読み】ichirinso

子季語・関連季語・傍題・類語など

・一花草(いちげそう:ichigeso)

・裏紅いちげ(うらべにいちげ:urabeniichige)

季節による分類

・「い」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

一輪草を含む俳句例

いもの神一輪草が群生し/川上季石

飢餓仏幼かりけり二輪草/古舘曹人

二輪草暗緑浄土広がれり/高澤良一

つらぬきし恋の伝説一輪草/三宅桂

二輪草雑草一つ交へずに/高澤良一

一輪草二輪草咲き氷室みち/瀧春一

一輪草急流鞭の韻きなす/久保田博

二輪草咲く終点の山の駅/山田節子

あけぼのの小楢の山の一輪草/向井秀

一花は妹のをさなさ二輪草/堀口星眠

一輪草しぶたみは風美し村/大畑善昭

一輪草やがて少女は愛に死ぬ/岡本伸

一花草その裏紅は誰に染む/大木石子

うちとけて一輪草の中にゐる/古舘曹人

この山の落葉に肥ゆる二輪草/高澤良一

道なき谿一輪草の寂しさよ/加藤知世子

飛んでくる虻真っ黒け二輪草/高澤良一

谷川の夕ベのひびき二輪草/深見けん二

二輪草ときには婦唱夫随にて/相馬沙緻

朝森や吐息のごとき二輪草/石田あき子

俳句例:21句目~

片雲やこぼしてゆきし二輪草/矢島渚男

咲きさうな処に咲きぬ二輪草/高澤良一

姉のごと一輪ひらき二輪草/猪俣千代子

木の影の漂つてゐる一輪草/小沢比呂子

渓音を連れ去る風や一輪草/菅野てい子

瀬の霧にふれて花了ふ二輪草/亀山恒子

膝折ればわれも優しや二輪草/草間時彦

蒲公英のかたさや海の日も一輪/草田男

一輪草一つといふは潔ぎよし/山崎ひさを

一輪草雨に花閉ぢ師の忌日/阿部みどり女

一輪草風に吹かれて触れ合へり/田村恵子

私語一つ洩らさぬ二輪草の群れ/高澤良一

竹林を透く日なだれて一輪草/海老原真琴

太陽に会ふこともなき一輪草/青柳志解樹

二輪草の二輪はかなし相触れで/飯沼水禽

逢ふ不安逢はぬ不安や二輪草/石田あき子

初蝶の吹かれまぎれぬ二輪草/八木林之介

不粋なることはすまじき二輪草/高澤良一

二輪草一輪のはや散りそめし/山崎ひさを

森の奥に日ざしうつらふ二輪草/奥田とみ子

俳句例:41句目~

手にのせて風も小さく一輪草/きくちつねこ

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ