季語/芋虫(いもむし)を使った俳句

「芋虫」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「芋虫」について

【表記】芋虫

【読み方】いもむし

【ローマ字読み】imomushi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・柚子坊(ゆずぼう:yuzubo)

季節による分類

・「い」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

芋虫を含む俳句例

芋虫や半分蝶になりかかり/来山

芋虫の一つは潰れ一つ歩む/辻桃子

命かけて芋虫憎む女かな/高濱虚子

芋虫の糞の太さや朝の雨/西山泊雲

芋虫の抗ふ力足にかな/永田さだめ

芋虫や女をおどす悪太郎/正岡子規

芋虫は芋のそよぎに見えにけり/太祗

芋虫の一夜の育ち恐ろしき/高野素十

芋虫の面罵に堪へて太りけり/龍岡晋

芋虫の青の歩みを青の消す/石川桂郎

芋虫の雨を聴き居る葉裏哉/尾崎紅葉

彼岸花にも芋虫の這ひ移る/岸本尚毅

酪農の地に芋虫を小とせず/古舘曹人

蝶となる芋蟲と帰る雁と哉/内田百間

芋虫が肥えて気儘な空の艶/飯田龍太

芋虫のまはり明るく進みをり/小澤實

芋虫と八百万神みそなはす/清原枴童

芋虫や故郷に似たる草嵐/小松崎爽青

芋虫に芋の葉賜ふ神に謝す/景山筍吉

芋虫に鼻突きつけし小犬哉/野崎紫兮

俳句例:21句目~

芋虫も悲鳴も大きかりしかな/河野美奇

芋虫や二百十日のころげもの/野村喜舟

芋虫や赤城が尾根を曳く様に/野村喜舟

傷つけば匂ひ立ちたる芋虫は/如月真菜

大いなるのみ芋虫の何もせず/辻田克巳

芋虫を木曽山中に嗤ひけり/波多野爽波

芋虫にして乳房めく足も見す/山西雅子

芋虫が地面に落ちて羞ぢにけり/大串章

芋虫すすむすすむ間は青緊り/加藤楸邨

芋虫に死所を教ふる川明り/秋元不死男

芋虫のころげ二列の足ならぶ/山口青邨

芋虫の皮膚張りつめし甲斐の空/日原傅

芋虫の動きて悲鳴あがりけり/高浜朋子

芋虫の地を進みゐる捨身かな/吉田汀史

芋虫の変身の間を数へけり/小泉八重子

芋虫の太りきりたる雨に遇ふ/池田秀水

芋虫の居るものの葉に風重し/小杉余子

芋虫は石にのぼりて何もとむ/太田鴻村

みどり色脱げば芋虫走れさう/木村淳一郎

芋虫のちりめん皺の意気旺ん/つじ加代子

俳句例:41句目~

芋虫の露のひかりにまろびゐる/石田波郷

芋虫のしづかなれども憎みけり/山口誓子

芋虫の怒りて葉よりまろび落つ/鈴木杏一

芋虫のゐて生き生きと畑あり/百合山羽公

芋虫や千体仏のどれかころぶ/八木三日女

芋虫のころげまわつて怒りけり/小島良子

芋虫のころげて落ちる牛の前/広畑/きよ

非常なる世に芋虫も生れあふ/百合山羽公

一非常なる世に芋蟲も生れあふ/百合山羽公

芋虫のさびしくなればまろくなる/宇咲冬男

芋虫のころりと鍵のかくし場所/北見さとる

芋虫のごろりひねもすごろりかな/正木海彦

小突かれて芋虫いま来た道を急ぐ/鷹島牧二

芋虫のぶつくさと地にころげたる/清原枴童

芋虫をすこしばかりはもてあそび/松村幸一

芋虫這う十返舎一九の祥月日/長谷川かな女

見られたり芋虫を踏みにじれるを/山口誓子

突然に芋虫の怜悧なあゆみあり/北原志満子

芋虫や温泉ひびきのどつどつと/布施伊夜子

ブラックボックスの静寂を曳き芋虫は/佃悦夫

俳句例:61句目~

大芋虫つまむ子逃げる子泣き出す子/青木起美子

芋虫の身のありたけを揉みて這ふ/五十嵐/象円

端居人に芋虫ころころして来る児/長谷川かな女

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ