季語/錦木(にしきぎ)を使った俳句

「錦木」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「錦木」について

【表記】錦木

【読み方】にしきぎ

【ローマ字読み】nishikigi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・鬼箭木(にしきぎ:nishikigi_)

・錦木紅葉(にしきぎもみじ:nishikigimomiji)

・錦木の実(にしきぎのみ:nishikiginomi)

季節による分類

・「に」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

錦木を含む俳句例

友招く錦木紅葉今盛り/小屋貞子

錦木も暮れてまじるや露葎/耕二

杉木立錦木一木庫裏の前/滝井孝作

錦木の仙骨となり父を愛す/寺井谷子

錦木や砂揺りて湧く水屋敷/廣瀬釣仙

小人らの忘れ帽子や錦木に/堀口星眠

錦木の空はありけり飛鳥寺/駒走鷹志

錦木や野仏も夜を経たまひぬ/森澄雄

われ稀に来て錦木を立去らず/後藤夜半

心臓のとっくん錦木紅葉かな/高澤良一

柿紅葉の中に錦木紅葉かな/河東碧梧桐

根づきたる錦木に秋すすむなり/上村占

袖ふれて錦木紅葉こぼれけり/富安風生

錦木が雪に現れかけてゐし/八木林之介

錦木のもの古びたる紅葉かな/後藤夜半

錦木にこころうたるる苑さむし/瀧春一

錦木や鳥語いよいよ滑らかに/福永耕二

錦木の紅葉日増に色まさり/藤田大五郎

錦木の紅葉秋行く扉は鎖して/高濱年尾

錦木の赤点々とちひろの絵/白石みずき

俳句例:21句目~

錦木の闇にまぎれて了ひたる/倉田紘文

錦木も苅られし籠の山すゝき/飯田蛇笏

錦木のわくら葉階に孔子廟/下村ひろし

錦木の垣の燃えどき人住まず/古賀まり子

錦木の老いてすくなき紅葉かな/後藤夜半

錦木の實もくれなゐに染るとは/後藤夜半

錦木の炎えつくしたる色と見し/藤井扇女

紗のごとく錦木に夜が及ぶべし/矢島房利

錦木に寄りそひ立てば我ゆかし/高浜虚子

錦木や火を噴きやすき御所車/八木三日女

深寝して錦木紅葉きはまりぬ/加藤三七子

錦木に高麗雉子の猛りけり/長谷川かな女

錦木の一気に暮れてしまひけり/日美清史

錦木紅葉コーヒー店内みんな愉悦/中北綾子

錦木といふやらむ敢へては問はず/林原耒井

錦木のぬばたまといふうらがへし/松澤雅世

もがり吹くは御所の錦木紅葉なり/殿村莵絲子

錦木のもみじ葉散りし庭の土浮き上りたるけさの霜かも/岡麓

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ