季語/亀鳴く(かめなく)を使った俳句

「亀鳴く」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「亀鳴く」について

【表記】亀鳴く

【読み方】かめなく

【ローマ字読み】kamenaku

子季語・関連季語・傍題・類語など

・亀の看経(かめのかんきん:kamenokankin)

季節による分類

・「か」で始まる春の季語

・「春の動物」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

亀鳴くを含む俳句例

亀鳴くや事と違ひし志/安住敦

生涯に肩書一つ亀鳴けり/小林康治

亀鳴くと貧乏徳利洗いけり/向井秀

亀鳴くや泣く子に机龍之介/仁平勝

亀鳴くや逆さ詣での裏吉野/赤松子

亀鳴くや母を愛する齢にて/岸田稚

亀鳴くや船霊様の紅紙衣/岡本庚子

陰膳の飯と一菜亀鳴けり/長谷川双

亀鳴くと亀石重き瞼上ぐ/都筑智子

眠れざる夜は桂郎の亀鳴けり/神蔵器

月暗く亀鳴くと云ふ宮居哉/中川四明

年輪か単なる皺か亀鳴けり/宮崎すみ

四阿に若き異人や亀鳴けり/本間正松

再生紙裏も使えと亀鳴けり/高澤良一

亀鳴くや離島に提げて薬函/古舘曹人

人生のうしろの方で亀鳴けり/山崎聰

隠国の亀岩の亀鳴くことも/津根元潮

亀鳴くやひと塊の霊芝あり/吉井幸子

亀鳴けり医術日進月歩の世/高澤良一

亀鳴くや昼を居眠る一言主/佐野美智

俳句例:21句目~

亀鳴くや一百姓のホ句作る/浜川穂仙

亀鳴くや豊かな国の嫁不足/飯島正人

亀鳴くや箱に腰掛け吹矢売/北野民夫

亀鳴くや齢の数より嘘の数/石田小坡

亀鳴くや神楽に集ふ湯治客/古舘曹人

亀鳴くとすれば夕ベの鐘のあと/黛執

亀鳴くや源兵衛堀の河童ども/龍岡晋

耳聡きことも一芸亀鳴けり/松本幹雄

亀鳴くや夢は淋しき池の縁/内田百間

亀鳴くや山彦淡く消えかかる/赤尾兜子

この術例三百ほどと亀鳴けり/高澤良一

その中の齢嵩入った亀鳴けり/高澤良一

亀鳴けり甍の獅子は唸りもし/坊城俊樹

亀鳴くや物音絶えし坊泊り/藤田つとむ

亀鳴くや男は無口なるべしと/田中裕明

亀鳴くや皆愚かなる村のもの/高濱虚子

亀石といふ亀鳴いて飛鳥の夜/菊地一雄

亀鳴くや選句は常に正座して/青木重行

亀鳴けり寺の柱で背を掻けば/茨木和生

亀鳴いて声とはならぬ夕間暮/堀口星眠

俳句例:41句目~

六義園の元禄の亀鳴けりけり/鈴木栄子

亀鳴いて竹敷く床は寒からむ/石川桂郎

句の誤植推量せよと亀鳴けり/高澤良一

失言の汗が目に沁む亀鳴く夜/澤田緑生

亀鳴きて貴君は酒に吃りけり/内田百間

山の辺の文殊菩薩や亀鳴けり/角川春樹

亀鳴くごとき呼吸音咽喉にあり/森澄雄

東京に亀鳴くといふ日向かな/田中裕明

石庭を出て亀鳴くと思ひけり/細田恵子

角砂糖中にコーヒー亀鳴いて/石川桂郎

赤坂や雲低く行けば亀鳴ける/内田百間

針金を切れば亀鳴く月夜かな/青木啓泰

亀鳴くと夕べ象牙の塔を鎖す/佐伯哲草

亀鳴くに間ある古池巡りけり/高澤良一

亀鳴くはきこえて鑑真和上かな/森澄雄

亀鳴くは己の拙を泣くごとし/石原八束

亀鳴くは己の拙を泣くごとし/石原八束

亀鳴くや人体にある尾の名残/辻美奈子

亀鳴くや南都ゆかりの廃寺趾/山本洋子

亀鳴くや喉かばふ食限らるる/石川桂郎

俳句例:61句目~

亀鳴くや土手に赤松暮れ残り/内田百間

亀鳴くや妻にとらるる言葉尻/橋本榮治

亀鳴くや職退きし夜の酒酌めば/池田秀水

老いの身の地獄耳かも亀鳴けり/村山慶子

亀鳴くは己れの拙を泣くごとし/石原八束

ヒトゲノム解読せよと亀鳴けり/高澤良一

ベビーカー押さぬ一生亀鳴くや/鈴木栄子

亀鳴いてからだの冷ゆる齢かな/岩田由美

亀鳴いてをり句談義のまっ盛り/平松志ま

亀鳴いて心の流転とめどなし/鈴木真砂女

亀鳴くやこゝろのうちの善と悪/山本蓬郎

亀鳴かす程でなくともこの俳味/高澤良一

八方睨みの亀鳴きつらむ耳の底/渡辺恭子

亀鳴くに似て林中へさそふもの/大島民郎

亀鳴くと首をもたげて亀の聞く/中原道夫

引力といふものありて亀鳴ける/奥坂まや

亀鳴きて亭主は酒にどもりけり/内田百間

独りとはたまたま独り亀鳴くや/手塚美佐

亀鳴くと背に一幹の重みかな/小島千架子

亀鳴くや元素記号を不意に書き/嶋田麻紀

俳句例:81句目~

真実はうつくしからず亀鳴けり/坂本謙二

亀鳴くや行きしことなき本籍地/小川軽舟

亀鳴くと春は水より動きけり/小松崎爽青

亀鳴くや子に艱難を与ふべきか/村山古郷

亀鳴くや柱ラムプの照返し/久保田万太郎

亀鳴くや阿波に巳之助傀儡小屋/古舘曹人

亀鳴くや太古の海のまむらさき/二村典子

亀鳴くや古りて朽ちゆく亀城館/成瀬正俊

立志とは違ふ自分史亀鳴けり/小田実希次

亀鳴くや機窓を閉ぢて夜を作る/須川洋子

亀鳴くや折り目うすれし合戦図/山本洋子

迂闊にも亀鳴くころをいつも病む/森澄雄

金婚や余勢をかつて亀鳴かさう/吉田貞子

亀鳴くや抓みて遠きわが眉間/河原枇杷男

たまさかは悪女もよけれ亀鳴ける/福田安子

わが思ひままならぬ亀鳴きにけり/池田秀水

亀鳴いて闇やはらかき夕べかな/湯沢千代子

亀鳴くといふ貌をして母老いぬ/小檜山繁子

亀鳴くといへばすずろに聞かれけり/岸田稚

恍惚と亀鳴くアウシュビッツかな/仙田洋子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ