季語/鼬(いたち)を使った俳句

「鼬」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鼬」について

【表記】鼬

【読み方】いたち

【ローマ字読み】itachi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・蝦夷鼬(えぞいたち:ezoitachi)

季節による分類

・「い」で始まる冬の季語

・「冬の動物」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

鼬を含む俳句例

黄昏や萩に鼬の高台寺/蕪村

池のの仇の鼬や時鳥/尾崎迷堂

鼬罠雪折竹も横はり/松藤夏山

鼬罠匂ひ残さず仕掛置く/楠昭雄

鼬去る銀木犀の白浄土/村上冬燕

鼬川菊つくる家両岸に/前田普羅

荒庭や鼬の道に萩の花/寺田寅彦

その頃の父の零落鼬罠/橋本鶏二

瀬頭を渡る鼬や冬の川/中山蕗峰

嚏と同時飛び出し沼鼬/松山足羽

秋風や鼬の通ふ塀の穴/寺田寅彦

迸る水のほとりの鼬罠/松藤夏山

鼬捕仲間出会ひて話をり/鈴木杏一

経蔵へ鼬走りし落葉かな/野村喜舟

鼬鳴く庭の小雨や暮の春/永井荷風

鼬なく尾花の奥や化地蔵/寺田寅彦

二朝に一つはかゝる鼬罠/松藤夏山

迷ひ出し昼の鼬や半夏生/小松虹路

替罠を負ふてすた~鼬捕/松藤夏山

灰のように鼬のように桜騒/澁谷道

俳句例:21句目~

鶏につく鼬の悪の霰かな/野村喜舟

畦豆に鼬の遊ぶ夕べかな/村上鬼城

藤蔓の弓づる張つて鼬罠/高崎こち

鶉ともならで花野のいたち哉/也有

盆の月畑に鼬と男女出る/飯田龍太

鮠の目の天日に光る鼬罠/松藤夏山

小雨降る蕗の中行く鼬哉/広津柳浪

石垣の鼬の穴に野菊かな/寺田寅彦

菊あれて鶏ねらふ鼬かな/子規句集

尼寺の藪に仕掛けて鼬罠/橋本花風

逃亡の果の鼬の小さき顔/二村典子

鼬皮干して一戸や藪さわぐ/向井秀

後の月鼬に鯉をとられけり/龍岡晋

敏捷な故にかゝりし鼬罠/柴原保佳

鼬罠かけて村山高からず/大峯あきら

鼬罠かけて梟に啼かれけり/鈴木薊子

鼬罠人去つて声残りけり/細谷みみを

鼬罠仕掛ける無口通しけり/嶋田一歩

鼬罠孫に伝へて死にゆけり/高木公園

鼬罠掛けてどこかに鼬の眼/高橋良子

俳句例:41句目~

凍る谷鼬かがやき走りけり/堀口星眠

凩や鳶にとびつく野の鼬/廣江八重櫻

古庭の雪間をはしる鼬かな/正岡子規

大ざつぱなる仕掛とは鼬罠/坊城中子

小鼬の髯の伸びゐる春の闇/柿本多映

少年工鼬に雪を掴み打つ/米澤吾亦紅

水仙に鼬とぶなり雪舟寺/廣江八重櫻

石蕗咲くや鼬横ぎる岡の道/鈴木無心

稲の花田鯉につきし鼬追ふ/中川四明

竹秋の水跳び越えて鼬かな/山本洋子

夜を寒み鼬の荒るる長廊下/会津八一

罠かけてより鼬来ず昼の月/堀口星眠

音高くはぜて見せけり鼬罠/松藤夏山

避けて鼬いさむる荷葉かな/山口素堂

鼬また来しか霜夜の鶏騒ぐ/鈴木友清

鼬出て腓返りの夜となりぬ/橋本榮治

鼬捕罠の異変をあきらめず/松藤夏山

鼬穴ありとも知らず水喧嘩/清水海夕

あの遊びせむとや鼬現はるる/大橋迪代

かかりたる鼬に罠の小ささよ/稲畑汀子

俳句例:61句目~

山国や鼬振り向き人は笑い/森下草城子

いたち罠得手の漢が落盤で/高橋やすお

鶏小屋の脇にしつらふ鼬罠/岩島/畔水

径よぎる鼬の顔の飛びにけり/亀田得一

逃げ鼬あばれし跡もあり~と/松藤夏山

三輪山のここが横がほ鼬罠/山上樹実雄

風の星ものいふごとし鼬罠/柴田白葉女

栖み馴れし鼬追はるる酢茎倉/羽田岳水

鼬罠かけたる浅き眠りかな/日隈/翠香

鼬罠あるてふ庫裡に廻り見る/高浜年尾

藻の厚く積もりてをりぬ鼬罠/中村雅樹

鼬抜ける筋に落ち散りたる椿/内田百間

遊鯉守る鼬罠かけ老住持/細見しゆこう

おごそかに展示されたる鼬罠/神戸周子

鼬跳ぶ氷河のあとといふ岩場/高木良多

鼬道日永の樟のうしろより/町田しげき

秋風の藻を潜り渡る鼬かな/長谷川零餘子

大原女に鼬逃げゝり冬の川/長谷川零餘子

ねらひゐる沼の鼬のかゝらざる/松藤夏山

古墳への道よぎり飛ぶ鼬かな/原口枇榔子

俳句例:81句目~

鼬出てひらりと闇のうごきけり/江藤文子

ひつそり閑として鼬罠にあり/小川洋太郎

日闌けては陽炎を吐くいたち罠/土方秋湖

いたち罠鼬見てゐて掛けづらく/浅井八郎

鼬罠猫のかゝりてさわぎたる/瀧澤伊代次

うすうすと雪のかゝれる鼬罠/菊池恒一路

自転車の燈に浮かび出て鼬逃ぐ/茨木和生

風荒く日もまた粗くいたちはぜ/高澤良一

闇をよこぎる鼻黒鼬彼の詐欺漢/加藤知世子

鼬の路伸し切りの首伸しながら/中村草田男

ぎっくり腰悪寒は鼬のやうにくる/高澤良一

蓮の実の飛んで鼬の目となるか/前田吐実男

かりうどが鼬をさげてさき行きぬ/太田鴻村

鼬出てむささびも出てさくらの夜/篠崎圭介

入れては切りいたちごっこの冷房裡/高澤良一

いたちごつこの夏草を刈りにけり/成瀬桜桃子

やませ来るいたちのようにしなやかに/佐藤鬼房

いたち罠仕掛けることを仕上げとす/稲畑広太郎

鼬出てをどることあり野路の秋/五十崎古郷句集

野鼬は穂草かざしてをどるなり/五十崎古郷句集

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ