季語/冱つる(いつる)を使った俳句

「冱つる」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冱つる」について

【表記】冱つる

【読み方】いつる

【ローマ字読み】itsuru

子季語・関連季語・傍題・類語など

・凍(いて:ite)

・凍結(とうけつ:toketsu)

・凍土(とうど/いてつち:todo)

・凍港(とうこう:toko_)

・凍道(いてみち:itemichi)

・凍窓(いてまど:itemado)

・凍玻璃(いてはり:itehari)

・凍光(とうこう:toko__)

・頬凍つる(ほおいつる:hoitsuru)

・風凍つる(かぜいつる:kazeitsuru)

・月凍つる(つきいつる:tsukiitsuru)

・鐘凍つる(かねいつる:kaneitsuru)

・凍割るる(いてわるる:itewaruru)

・凍つく(いてつく:itetsuku)

・凍晴(いてばれ:itebare)

・凍空(いてぞら:itezora)

・凍雲(いてぐも:itegumo)

・凍曇(いてぐもり:itegumori)

・凍霞(いてがすみ:itegasumi)

・凍靄(いてもや:itemoya)

・凍む(しむ:shimu)

季節による分類

・「い」で始まる冬の季語

・「冬の時候」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ