季語/寒鴉(かんがらす/かんあ)を使った俳句

「寒鴉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「寒鴉」について

【表記】寒鴉

【読み方】かんがらす/かんあ

【ローマ字読み】kangarasu

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の動物」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

寒鴉を含む俳句例

積藁や戦ひ飽きし寒鴉/鬼城

大風の森の中より寒鴉/石鼎

野の中の何に口あき寒鴉/楸邨

寒鴉蛇籠の風に歩みをり/舟月

松林に又朋追へり寒鴉/原石鼎

察察と寒鴉の翼静臥の上/誓子

橋裏の波の暗さよ寒鴉/中村汀女

寒鴉頭めぐらす室生村/山本洋子

楢山の騒ぎさながら寒鴉/杉良介

寒鴉空の青さをぬけて来る/呵雪

寒鴉声を蔀の裡にする/下村槐太

日に向いてふと紫の寒烏/菅裸馬

寒鴉微光を羽の内側に/河合凱夫

寒鴉三羽一羽は海に出て/長田等

放流稚狙ふ高さに冬鴉/石川文子

抗ひて同じ木にゐる寒鴉/原天明

寒鴉信号どこも赤ばかり/星野椿

悪の血はすぐに騒いで寒鴉/狩行

寒鴉友禅流しを遠巻きに/井上雪

寒鴉清潔に鳴きわかれゆく/龍太

俳句例:21句目~

風を踏み風に躓き寒鴉/山田弘子

人立ちて寒鴉ゐて景動かず/立子

畦とんで数へ紛れぬ寒鴉/西山泊雲

寒鴉かつかつ嘴を鳴らしけり/杜雨

穢土浄土いづれも土や寒鴉/秦夕美

老人を笑はせてゐる寒鴉/御崎敏江

芭蕉忌や己が脚噛む寒鴉/沢木欣一

寒鴉しまつのつかぬ声の松/松澤昭

被災地へ心を馳せり寒鴉/村越化石

寒鴉たゞならぬ煙山にたつ/上村占

たそがれの森に雪噛む寒鴉/有働亨

通り矢の鼻先昏れて寒鴉/高澤良一

金閣寺足げにとび立つ寒鴉/檜紀代

寒鴉とんで夕日の枝つかむ/井上雪

隼を一過せしめて寒鴉/阿波野青畝

雌雉をかこみて襲ふ寒烏/石原八束

鳥葬のなき世に群るる寒鴉/檜紀代

麦の芽にここも人里寒鴉/中村汀女

寒鴉ふわりと起ちて天暮れず/頑石

乞食か遊行かひとり寒鴉/吉原文音

俳句例:41句目~

寒鴉みな腰強し吹き撓ひ/本多静江

寒鴉われに網打ちかくるごと/龍男

寒鴉ビルの一角掴み鳴く/中村居月

寒鴉一語を発し一期終ふ/高澤晶子

寒鴉おもたき声を暮れぎはに/秩父

寒鴉古老の顔の如く居り/山本歩禅

寒鴉啼いては別の鳥翔たす/岡本眸

寒鴉啼きて沖には国もなし/草田男

寒鴉嘴あけてやがて鳴く/星野立子

寒鴉嘴ふりむけて争へり/皆川盤水

寒鴉富田川原は塒かも/阿波野青畝

寒鴉山の高さに鳴き移る/星野立子

寒鴉岩より岩へ脚つよむ/村越化石

自転車の軋みを笑ふ寒鴉/脇本幸代

寒鴉戦飽きて唖々と鳴く/村上鬼城

吊橋を鳴かずに歩む冬鴉/影島智子

寒鴉歩けば動く景色かな/永田耕衣

寒鴉海より聞ゆ海に出て/木村蕪城

寒鴉犬の屍を食ふ飛鳥村/有馬朗人

寒鴉道士と黒を競ひけり/有馬朗人

俳句例:61句目~

寒鴉重さを見せて枝わたる/浩山人

寒鴉雲は素肌で通るなり/茨木和生

寒鴉飛びあがりつゝ土を見る/白泉

山の木を雲に移れる寒鴉/平井照敏

寒烏傾くときは空色に/加藤知世子

提灯の上をとびけり寒鴉/松瀬青々

水田あり記憶の松に寒鴉/木村蕪城

寒鴉こゑを出さねば忘らるる/石嶌岳

鎮守府の中の野道や寒烏/吉岡禅寺洞

寒鴉しきりに雪を落しけり/高濱年尾

かわ~と大きくゆるく寒鴉/高濱虚子

寒鴉潮の退きたる礁にも/鈴木洋々子

藁にほのかげよりかげへ寒鴉/越央子

ずら/だんべ峠が頒つ冬鴉/影島智子

その円眼その太嘴や寒鴉/松根東洋城

寒鴉阿蘇を離れず啼きにけり/佐藤艸

寒鴉当麻の塔に巣くふらし/細見綾子

肩ごしの夕日をつかむ寒鴉/安東次男

寒鴉ついばみながらかあと啼く/汀女

寒鴉劫火の跡を歩きをり/榎本冬一郎

俳句例:81句目~

寒鴉水薙ぐ風に見えわたり/下村槐太

一群の寒烏にぞ囃されし/相生垣瓜人

寒鴉咥へし餌によろけ翔ち/島崎伸子

二羽寄れば二羽のさびしさ寒鴉/予志

人たちて寒鴉ゐて景動かず/星野立子

人を人と思はぬ浜の寒鴉/鈴木真砂女

人間を見下ろしてゐる寒鴉/佐藤洋子

寒鴉我に一顧を与へけり/相生垣瓜人

寒鴉の百態学問に落伍せり/齋藤愼爾

寒鴉ひたむきに羽摶つ音頭上/瀧春一

冬鴉サイロに声を落とし去る/大串章

砂洲を飛ぶ端から端へ寒鴉/右城暮石

山塊のいづこか欠けて寒鴉/村越化石

睦みかつ喚きて無頼群れ寒鴉/吉本昴

冬鴉無用の水が田を流れ/猿橋統流子

眠ることのみ残されて寒鴉/前田保子

横向いて目玉ひとつの寒鴉/那須淳男

寒鴉木椅子へ更に天へ飛ぶ/右城暮石

咥へ来しもの雪に置き寒鴉/高濱年尾

地に掟天に連れ立つ寒鴉/堀井春一郎

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ