季語/北窓塞ぐ(きたまどふさぐ)を使った俳句

「北窓塞ぐ」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「北窓塞ぐ」について

【表記】北窓塞ぐ

【読み方】きたまどふさぐ

【ローマ字読み】kitamadofusagu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・北塞ぐ(きたふさぐ:kitafusagu)

・北窓閉じる(きたまどとじる:kitamadotojiru)

・北窓塗る(きたまどぬる:kitamadonuru)

季節による分類

・「き」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「初冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

スポンサーリンク

北窓塞ぐを含む俳句例

北窓を塞げる家や鶏の声/抱琴

北窓を塞いで遠野物語/櫂未知子

猿が来て覗く北窓塞ぎけり/柴浅茅

北窓を塞ぎし山並遠くせり/星野椿

北窓を塞ぎ物影確かにす/百瀬美津

雪の玉山を落ちくる北塞ぐ/上村占

山々の走る北窓塞ぎけり/阿以鎮雄

北窓は塞ぎ南に海を置き/高木晴子

世過ごしや北窓塞ぐ山の民/飯田蛇笏

仕事場の北窓塞ぐ笊屋かな/野村喜舟

北窓を塞ぎつゝある旅の宿/高浜虚子

北窓を塞ぎぬ書庫も司書室も/森田峠

北窓を塞ぎ世間に耳さとく/種市清子

北窓を塞ぎ活字の中に棲む/山田弘子

北窓を塞ぎ煩悩とぢこめる/阿部寿雄

北塞ぐより深まりし北指向/能村研三

安曇野のガラス工房北塞ぐ/米澤慶子

犬の声鶏の声する北塞ぐ/大峯あきら

北窓を塞ぎし午後の風凪げり/千田一路

北窓を塞ぎて今日の午睡かな/永井荷風

俳句例:21句目~

北窓を塞ぎて守る宗旨かな/大峯あきら

北窓を塞ぎて能登の旧家かな/塗師康弘

天守閣北窓塞ぐことはなし/後藤比奈夫

子に釘をもたせ北窓塞ぎけり/新田祐久

北窓を塞ぐや一机あれば足る/小田尚輝

棕梠高く剥ぎて北窓塞ぎけり/村山葵郷

母の家の見ゆる北窓塞ぎけり/升本栄子

潮しぶき来る北窓を塞ぎけり/巌谷小波

北塞ぎ南縁薔薇のひとつ咲き/岸風三樓

北塞ぐよりしきりなり風の影/六本和子

新しき萱足して北塞ぎけり/大峯あきら

毎年よ急かるるやうに北塞ぐ/岩田由美

北窓を塞ぐすなはち二重窓/水無瀬白風

ほうとうを打つ北窓を塞ぎし夜/坂本/巴

まなこまで北窓塞ぎたるおもひ/鷹羽狩行

北窓を塞ぎし部屋の友見舞ふ/甲斐/月生

釘打つて庫裡の北窓塞ぎけり/菅原野火男

北塞ぐ萱あをあをと余りけり/大峯あきら

こころにも北窓のあり塞ぐべし/片山由美子

ことごとく北塞ぎたる月夜かな/大峯あきら

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ