季語/味噌搗(みそつき)を使った俳句

「味噌搗」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「味噌搗」について

【表記】味噌搗

【読み方】みそつき

【ローマ字読み】misotsuki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・味噌作る(みそつくる:misotsukuru)

・味噌焚き(みそたき:misotaki)

・寒味噌(かんみそ:kammiso)

季節による分類

・「み」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

味噌搗を含む俳句例

出代の造り損ねし柚味噌哉/寺田寅彦

文盲の母の味噌搗唄かなし/栗間耿史

味噌搗いて冬の仕度を完うす/相島虚吼

味噌搗や顔がのぞいて薬売/成瀬櫻桃子

大山の各坊味噌を搗きにけり/山本青蔭

味噌搗きの今に焚きつぐ竈かな/礒崎/緑

味噌搗きや顔がのぞいて薬売/成瀬櫻桃子

味噌搗くや母の流儀の他知らず/山下蘆水

味噌搗の刀自も一杵下されし/藤岡うた代

味噌搗の杵をかはろと手出す妻/樽本利雄

味噌搗や寒のぬくさを案じつつ/松野文道

味噌搗や母がめくりし農暦/美柑みつはる

味噌搗を囲みて影を搗込まる/中戸川朝人

山の家四五戸催合の味噌を搗く/横関姿女

雲衲になじまぬ杵や味噌を搗く/森永杉洞

三年は囲ふつもりの味噌を搗く/後藤比奈夫

味噌搗くや地震さびれせし春の町/西本一都

味噌搗くを覗きて土間の酒注がる/石川桂郎

昨日今日暖かければ味噌を搗く/西村きぬこ

烏鳴きわるしと母の味噌搗かず/田中香樹緒

俳句例:21句目~

腕まくりして励みをり味噌搗女/古賀三春女

味噌つきが空ラ臼搗いておどろけり/萩原麦草

鹿鳴くや味噌搗き終へし夜の更けて/中川四明

母は亡しされど味噌搗く火は絶えじ/甲田鐘一路

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ