季語/岩燕(いわつばめ)を使った俳句

「岩燕」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「岩燕」について

【表記】岩燕

【読み方】いわつばめ

【ローマ字読み】iwatsubame

子季語・関連季語・傍題・類語など

・だけつばめ(だけつばめ:daketsubame)

季節による分類

・「い」で始まる春の季語

・「春の動物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

岩燕を含む俳句例

岩燕風を嫌ひて濤を好く/原裕

岩峰に影散り当り岩燕/宮津昭彦

渓流や湯屋の庇に岩燕/西村和江

霧走り来る岩燕右往左往/安原葉

鳥海のふところ晴るる岩燕/原裕

岩燕沖へ反り身の霧笛塔/毛塚静枝

岩燕擦りては鞣湖の紺/殿村莵絲子

夕まけて秋冷いたる岩燕/巌谷小波

湯疲れの睡き耳うつ岩燕/松村蒼石

岩燕紫陽花に居る清水かな/籾山柑子

岩燕泥濘たぎち火口なり/橋本多佳子

岩燕空にしきりや蔵王の湯/高濱年尾

夕かげの声となりたる岩燕/有馬朗人

姥捨の旱雲から岩つばめ/大峯あきら

朝つばめ皆岩つばめ創痛む/相馬遷子

栗駒は雲のかたまり岩燕/佐藤ゆき子

秋雲を縫う岩燕見えそめぬ/飯田蛇笏

雨雲や巣を塗りそめし岩燕/堀口星眠

雪崩してとゞろく峰を岩燕/吉川春藻

雲を抜け来し朝の日に岩燕/小林一行

俳句例:21句目~

鎖場に行者の声や岩燕/阿久津渓音子

岩つばめ高澄み示す黒十字/栗生純夫

下車一人のホーム弓なり岩燕/望月紫晃

咲きしづむ躑躅に翔ける岩燕/飯田蛇笏

婆々ら笑へり岩燕泥はこぶに/松村蒼石

岩つばめ一閃けふの日が上る/藤波孝堂

岩つばめ富士を暁色走りをり/伊藤霜楓

流火先生の願絲となれよ岩燕/安東次男

岩燕明日なきごとく翔ぶ山湖/谷口和子

焼岳の肌かくれなし岩つばめ/椎橋清翠

岩燕沼の夜明けを知つてをり/山田弘子

群青の空抜けられず岩つばめ/鈴木正子

荒梅雨の夜はみみもたぬ岩燕/松村蒼石

巌頭に日当りながら岩つばめ/青木涼村

岩つばめ湧かせ朝日の屏風岩/奈良文夫

ひるがへるとき岩燕なりしかな/稲畑汀子

子育ての遠くは翔ばず岩燕/野見山ひふみ

岩つばめ古き泉を見にゆかむ/山田みづえ

岩つばめ岬の小径に波の跡/きくちつねこ

岩燕霧の温泉壺を摶ちて去る/石橋辰之助

俳句例:41句目~

氷河ありける空の藍より岩燕/文挟夫佐恵

雨来るやにはかにふえし岩燕/増田手古奈

嶺々の名のどれもよろしや岩燕/篠崎圭介

浅間と小浅間振子飛びして岩燕/中村草田男

岩つばめ赭泥縦横に干割れたり/水原秋桜子

目まいするほど岩燕仰ぐ老漁夫と/金子兜太

岩燕日の澄みを飛び飛びやまず/柴田白葉女

手のとどく高さを飛びて岩つばめ/後藤澄子

岩つばめ檜原湖を霧がまたかくす/水原秋桜子

岩燕見上げ見下すや瀧飛沫/俳春秋/坪谷水哉

岩つばめ日の澄みを飛び飛びやまず/柴田白葉女

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ