季語/合歓の花(ねむのはな)を使った俳句

「合歓の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「合歓の花」について

【表記】合歓の花

【読み方】ねむのはな

【ローマ字読み】nemunohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・ねぶの花(ねぶのはな:nebunohana)

・ねむり木(ねむりぎ:nemurigi)

・合昏(ごうこん:gokon)

・絨花樹(じゅうかじゅ:jukaju)

・花合歓(はなねむ:hananemu)

季節による分類

・「ね」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

合歓の花を含む俳句例

盃は老を養ふ合歓の花/原裕

蝮の鼾も合歓の葉陰哉/蕪村

象潟や雨に西施が合歓花/芭蕉

口中に金銀のかげ合歓の花/原裕

金星や片面甘き合歓の花/齋藤玄

鳥海の鼓きこゆる合歓の花/原裕

指重ね礼する家風合歓の花/林翔

合歓の花細好男友として/中田剛

花合歓や白鳥明かりの水の上/林桂

花柿へ高く上りぬ合歓の蜂/原月舟

象潟の再会合歓の花の下/池田義弘

鉢植を床に移すや合歓花/寺田寅彦

撞かねの供養も果てゝ合歓花/子曳

精神のすり傷合歓の花開く/殖栗歩

松島は合歓の花さへ松隠り/鈴木鷹夫

朝靄に合歓の鴉や渡舟漕ぐ/西島麥南

雨に合歓落花続いて木雫も/高澤良一

乙女らは自決花合歓白き島/大橋敦子

合歓の木の葉越もいとへ星の影/芭蕉

産小屋に径はとだえし合歓の花/原裕

俳句例:21句目~

花合歓の峠越えゆく薬売り/佐川広治

合流の白濁はるか合歓の花/西村和子

夕長き隊商の街合歓の花/上野さち子

花合歓に曇天覆ひ被さりぬ/高澤良一

旅をしも草枕とや合歓の花/細見綾子

ふる里の星の青さよ合歓の花/東尾子

長城の一片明くる合歓の空/桂樟蹊子

朽ち臼に又一年や合歓の花/西山泊雲

合歓の花沖には紺の潮流る/沢木欣一

大北京すつぽり闇に合歓の花/杉本寛

海に向く方円墳や合歓の花/若宮八恵

山里は水車の音に合歓の花/清水青瓢

合歓の花衰えやすき人の端に/平田薫

山里の遅き田植や合歓の花/岡本松浜

合歓咲けりみな面長く越後人/森澄雄

眠る児の睫翳さす合歓の花/村上安子

花合歓や風は下枝より起る/岸風三楼

合歓咲いて白瀬よく見ゆ停留所/大串章

迎火に合歓さん~と咲き翳し/川端茅舎

軽便の浮かれ走りや合歓の花/細川加賀

俳句例:41句目~

象潟やけふの雨降る合歓の花/細川加賀

合歓咲いて蓮咲いて余呉夢見ごろ/林翔

合歓かげに舟の煙りや山中湖/飯田蛇笏

合歓さくや壁画に遠き日の光/角田竹冷

月の窓に砂吐かせある蜆哉/国枝合歓女

象潟の雨なはらしそ合歓の花/井上井月

日は玉のごと中天に合歓の花/岩岡中正

合歓の花揚羽に祭あるごとし/羽部洞然

蜿蜒と熊野川濁れり合歓の花/鈴木貞雄

虹の雨ほのめく合歓の鴉かな/西島麦南

草合歓や一人の幅の湖の舟/八木林之介

奥山に旅寝かさねて合歓の花/田中裕明

燕子とぶ水荘の合歓花もちぬ/西島麦南

灯るごと合歓の花咲く楸邨忌/矢島寿子

花合歓や雲へとつづく獣みち/渡辺恭子

花合歓や雨にかたまる牧の馬/清水節子

灌漑にどかと水減る合歓の川/右城暮石

花合歓や生れし仔猫みな育て/羽部洞然

花合歓の遠き色より晴るる旅/山田弘子

花合歓の朝の駅に見送りぬ/本間/尚子

俳句例:61句目~

源平の谿の深さに合歓咲いて/山田弘子

麦熟るる匂ひ合歓咲く内灘ヘ/沢木欣一

風立つや噂のごとき合歓の花/藤岡筑邨

花合歓の夢見るによき高さかな/大串章

合歓を巻く蛇を見かけぬ茸狩/飯田蛇笏

美しき誰が瞬きや合歓の花/東洋城千句

顔近く昏るる青嶺や合歓の花/藤田湘子

合歓咲くや巌めぐる水一方に/尾崎迷堂

繋がれし馬の眼細し合歓の花/伊藤松宇

合歓の花底なき淵の底あかり/中川宋淵

雲取の雲の行方や合歓の花/伊丹さち子

夕合歓や結婚詐欺の唐手二段/塚本邦雄

祭ある裏山里や合歓の花/菅原師竹句集

合歓の花旭ぽっぽと当りけり/高澤良一

まぐはひの空を流るる合歓の花/原田喬

泳ぎ子へ天蓋なせり合歓の花/羽部洞然

合歓の花洋車流るる如くなり/原田青児

合歓の花父遠ざけし頃おもふ/森藤千鶴

権現の合歓の葉ゆれの禊川/鈴鹿野風呂

石鎚山の下に雲とび合歓の花/五十崎朗

俳句例:81句目~

愛渇く遠く合歓咲き匂へるや/小林康治

夕月や槐にまじる合歓の花/芥川龍之介

山風の吹き煽つ合歓の鴉かな/飯田蛇笏

どの谷も合歓の明りや雨の中/巌谷小波

三昧の昔は知らず合歓ねむる/林原耒井

金にて鋳つべき顔や合歓の花/斯波園女

眠る葉も眠らぬ花も合歓夕べ/稲畑汀子

野あり野井戸あり合歓が咲き/金子皆子

大歩危は祖谷の入口合歓の花/沢村芳翠

山一枚売つて見返る合歓の花/荒井利夫

真すぐに合歓の花落つ水の上/星野立子

堰の水豊かに落つる合歓の花/皿井旭川

合歓咲いて失語の街の水の音/牧野桂一

百姓や合歓の万華に触らずに/沼尻玲子

病無頼合歓寝しづまる翳重ね/成田千空

雷やみし合歓の日南の旅人かな/飯田蛇笏

いっぽんの合歓咲く彼方古戦場/高澤良一

馬の眼のどこかゞ赤し合歓の花/横山白虹

うつくしき蛇が纏ひぬ合歓の花/松瀬青々

馬屋見れば故里遠し合歓の花/瀧澤伊代次

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ