季語/山椒の実(さんしょうのみ)を使った俳句

「山椒の実」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「山椒の実」について

【表記】山椒の実

【読み方】さんしょうのみ

【ローマ字読み】sanshonomi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・蜀椒(しょくしょう:shokusho)

・実山椒(みざんしょう:mizansho)

・はじかみ(はじかみ:hajikami)

季節による分類

・「さ」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「初秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

スポンサーリンク

山椒の実を含む俳句例

実山椒の蜂の分封過ぎ/北原白秋

山住の実山椒の雨なり/北原白秋

半農の粗き垣結ひ実山椒/白水拝石

実山椒を手揉みに朝の燧岳/榎本好宏

裏畑に朱を打つて熟れ実山椒/飴山實

観音にまみゆる前の山椒の実/森澄雄

刺恐れをりては摘めず実山椒/東出善次

奔流の遠音となりし山椒の実/斎藤梅子

山椒の実嘴み愛憎の身の細り/清水径子

山椒の実赤しここらは砦跡/山田/月家

妻隠のごとく妻ゐて山椒の実/小田切輝雄

子離れにけじめありけり実山椒/古田昌子

実山椒やふるさとびとは食旺ン/橋場元紀

実山椒噛んで日当る一茶の地/野本ナヲ子

実山椒木のかげ雲のかげに冷ゆ/河野友人

山椒の実噛む和紙の里けがれなき/伊藤亨子

床漬を守る山椒の実今朝もつむ/合屋喜句女

為事の日実山椒朱を脱ぎ漆出で/中村草田男

癒えゆくや山椒の実の口ひびき/上野さち子

鯉の川見に出てしるき山椒の実/永井東門居

俳句例:21句目~

山椒の実色づき初めて友の逝く/中屋敷久米吉

山椒の実雨後の日射しにはじけけり/山田節子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ