季語/除虫菊(じょちゅうぎく)を使った俳句

「除虫菊」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「除虫菊」について

【表記】除虫菊

【読み方】じょちゅうぎく

【ローマ字読み】jochugiku

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「し」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

除虫菊を含む俳句例

一島の裏表なく除虫菊/宮津昭彦

太陽に午の衰へ除虫菊/飯田蛇笏

蝦夷富士の裾一面の除虫菊/寺手影

除虫菊島山ちかみ艀来る/石川桂郎

この道を馬で太子や除虫菊/下村槐太

まつ白の島又島は除虫菊/和田ふく子

島人のうらみの雨や除虫菊/横関俊雄

一と島は敷く白妙の除虫菊/佐野まもる

灘かけて風かがやけり除虫菊/桑原志朗

無人島なり除虫菊埋めつくす/辰巳秋冬

除虫菊そもそも蚊取り線香は/高澤良一

風通るところにも干し除虫菊/浜/秋邨

真つ白に雨がふるなり除虫菊/楠部九二緒

除虫菊とは思はずに見つつ来し/稲畑汀子

双の掌をこぼれ干さるゝ除虫菊/佐野まもる

除虫菊刈るも運ぶもみなをみな/喜多村南草子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ