季語/独活の花(うどのはな)を使った俳句

「独活の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「独活の花」について

【表記】独活の花

【読み方】うどのはな

【ローマ字読み】udonohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「う」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

独活の花を含む俳句例

独活の花白し淙々と水流る/山口青邨

道曲る花野の独活の花笠に/皆吉爽雨

花独活に渓の日照の激しさよ/石川雷児

草原の起伏に独活の花は枯れ/橋本鶏二

隆起して神の山なる独活の花/進藤一考

人妻の突つかけ下駄や独活の花/清水基吉

子を連れて畑に出るや独活の花/森川光郎

岐れ路のいづれも寺へ独活の花/吉田垢童

独活の花無駄と思へば全て無駄/高澤良一

バス囃す小わっぱどもや独活の花/富安風生

独活の花とは大きくて淋しくて/榊原/弘子

独活の花雨とりとめもなかりけり/古舘曹人

花独活に山雲とべり雨の中/吉武月二郎句集

独活咲けりむねうちあくる友のなく/荒井正隆

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ