季語/帰り花(かえりばな)を使った俳句

「帰り花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「帰り花」について

【表記】帰り花

【読み方】かえりばな

【ローマ字読み】kaeribana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・帰り咲(かえりざき:kaerizaki)

・狂い咲(くるいざき:kuruizaki)

・二度咲(にどざき:nidozaki)

・忘れ花(わすればな:wasurebana)

・狂い花(くるいばな:kuruibana)

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の植物」を表す季語

・「初冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

スポンサーリンク

帰り花を含む俳句例

帰り咲いて西日と白し苗桜

松柏の嵐の底や返り花/正雄

昼の月漂ふ空や返り花/梅史

万木皆姥桜なり帰り花/工云

真青な葉も三三枚返り花/素十

学僧の百姓面や帰り花/小澤實

久方の光りが霜に帰り花/青々

帰り花菊をむかしの翁哉/闇指

帰り花兄妹睦びあひにけり/敦

風軽し蓑虫ゆらぐ帰り花/又玄

帰り花汐風うけて暖かき/里人

霜白し烏のかしら帰り花/言水

色さめし古女房や帰り花/蝶夢

涙目の空を流るる返り花/原裕

人肌の匂うがごとし帰り花/間石

山国の日和は梨の返り花/碧雲居

島一つ一村なせり帰り花/有働亨

前の世の業平なるか返り花/照敏

原点に戻らぬ企業返り花/的野雄

秋風を吹よわらせて帰り花/乙由

俳句例:21句目~

帰り花葉守の神のいつ時分/西調

返り咲く花石鼎の忌日来る/原裕

玉しきの衣かへよと帰り花/荷兮

返り咲く花を水音逸れてゆく/裕

水音の夢のごとくに返り花/順子

返り花書屋をのぞく童あり/青邨

返り花天に鏤め玉磨く/木村蕪城

寄生木に冬を残して帰り花/菊童

日に消えて又現れぬ帰り花/虚子

すかさずや道に酒売帰り花/白雄

日の空に色の淡さよ帰り花/篠原

返り花まへにうしろに摺り仏/目

返り花宙に帰り花棺に/折笠美秋

寿朱きがうれし返り花/渡辺恭子

忘れずに居てや梢の帰り花/露川

汗拭いて米搗く僧や帰り花/蓼太

帰り花散るや機織る坊が妻/二柳

来の宮の淋しき道の返り花/昌子

遠光りする野の水や返り花/亜浪

一輪は誰か手の内に帰り花/曲翠

俳句例:41句目~

山吹の返り咲あり夏蜜柑/子規句集

正月や浜の茨の返り咲き/臼田亜浪

川よりも低き鵜塚や返り花/神蔵器

返り咲く蘇枋の花の淡からず/播水

文芸は虚実の虚なり返り花/中野弘

斎の膳生麩尽くしや返り花/石嶌岳

帰り咲く幹に張板もたせけり/篠原

理リの梨の白さや返り花/尾崎迷堂

返り咲くあやめの水の埃かな/王城

晩年の身につくうれひ帰り花/舟月

狐出て遊べしどみの返り花/有働亨

水仙の花原狂ひ咲く野菊/亀井糸游

朝顔や父が丹精狂ひ咲き/瀧井孝作

鶏犬の声す山中の返り花/臼田亞浪

倖になりふりなかり帰り花/斎藤玄

凩に匂ひやつけし返り花/松尾芭蕉

遊学の子が双肩よ返り花/近藤一鴻

青空の端に雲あり返り花/岩垣子鹿

返り花風吹くたびに夕日澄み/龍太

帰り花桃李の美人覚束な/黒柳召波

俳句例:61句目~

炉開きや炭も桜の帰り花/正岡子規

帰り花昃り障子昃りぬ/五十嵐播水

返り花一閃の紅とどめたる/石嶌岳

帰り花飛翅短き虫を留め/河野南畦

夢に似てうつゝも白し帰り花/蓼太

今思へば雪に二度咲梢哉/井原西鶴

帰り花生れて遊ぶもの短袴/竹中宏

帰り花石を逸れたる風一筋/岸田稚

退院の姉に二度咲く白桔梗/林民子

人の躬は瞼に重き返り花/牧野桂一

山吹の狂ひ花あり土用浪/高浜虚子

蓑虫のいつから見るや帰り花/昌碧

雪柳清め塩ほど返り咲き/朝倉和江

水白き歌劇の町の帰り花/六車井耳

蜂の来て知る楠の帰り花/依光陽子

返り花翳は地よりも空にあり/林火

帰り花のまつくらやみに潦/田中裕明

あかあかと己れ欺き返り花/中村正幸

帰り花わけても白き風隠れ/二村典子

帰り花一葉二葉を残しけり/栗生純夫

俳句例:81句目~

帰り花少し走つて息切れて/細川加賀

帰り花秘仏の扉開け放つ/松尾崎明美

帰り花身は荒草の花ながら/中村苑子

庭桜返り咲きたる今年かな/鈴木花蓑

御講水帰り咲く花枝々に/河東碧梧桐

思ひ草胃なし男に返り咲く/佐藤鬼房

戦ぐと訓み戦くと訓め帰り花/竹中宏

戦ぐと訓み戦くと訓め帰り花/竹中宏

故郷の秋わびしさよ帰り花/会津八一

このごろの日照時間帰り花/後藤夜半

料紙より白く淋しや返り花/尾崎迷堂

日あたりてまことに寂し返り花/草城

晴続く富士の雪やな帰り花/島田青峰

たしかなる老木の命返り花/下村梅子

暮れそめし鴛鴦の羽色や返り花/鷹女

松虫草返り咲く日の湖淡し/堀口星眠

桜ほのと微醺の色に返り咲く/松尾柊

欠け陶の土に還りぬ返り花/石川文子

母の亡き家山吹の返り花/大木あまり

水洗ひ白らけし塀や返り花/内田百間

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ