季語/師走(しわす)を使った俳句

「師走」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「師走」について

【表記】師走

【読み方】しわす

【ローマ字読み】shiwasu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・極月(ごくげつ:gokugetsu)

・臘月(ろうげつ:rogetsu)

・春待月(はるまちづき:harumachizuki)

・梅初月(うめはつづき:umehatsuzuki)

・三冬月(みふゆづき:mifuyuzuki)

・親子月(おやこづき:oyakozuki)

・弟月(おととづき:ototozuki)

・乙子月(おとごづき:otogozuki)

季節による分類

・「し」で始まる冬の季語

・「冬の時候」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

師走を含む俳句例

蔵前や師走月夜の炭俵/泉鏡花

鰤飛て鰹躍るや師走の賦/米仲

炭斗の羽箒に来る鼠かな/師走

けろ~と師走月よの榎哉/一茶

かくれけり師走の海の鳰/芭蕉

臘月や檻の狐の細り面/原石鼎

明るくて嶽の骨組極月ヘ/斎藤玄

暮て行時雨霜月師走哉/井原西鶴

極月の大屑籠に猫眠る/柿本多映

近道に氷を渡る師走哉/正岡子規

極月の竹人形に竹の釘/星野沙一

牛馬には師走のありて宝哉/几圭

鰤船の師走を帰る響灘/庄司圭吾

何にこの師走の市にゆく烏/芭蕉

梅さげた我に師走の人通り/蕪村

煎茶に飯粒の入る師走かな/胡布

小角力取物荷ひ売る師走哉/丑二

忠信が狐に戻る師走かな/辻桃子

雷門脇の日向の師走猫/高澤良一

眉繊き師走の女送金す/片山桃史

俳句例:21句目~

極月の水門を吊る錆鎖/梁瀬時忘

極月の芝神明の椿かな/皆川白陀

極月や榕樹のもとの古着市/篠原

畷路や極月晴の榛の禽/西島麦南

立山連峰極月の月の下/野中亮介

商ひに極月といふ勝負月/辻本斐山

前輪を後輪追へる街師走/高澤良一

呼びからす声や師走の市の人/魯白

極月の西の橋詰鍼どころ/古舘曹人

師走の木魚たたいて居る/尾崎放哉

歳凶に師走の市の人淋し/佐藤紅緑

世に住まば聞と師走の碪かな/西鶴

ぬくぬくと師走日和や麦の丈/集馬

鍋捨る師走の隅やくすり喰/炭太祇

足袋売の声うち曇師走哉/高井几董

赤貧の簓を貰ふ師走かな/会津八一

無用人用人師走賑はへり/野村泊月

町汚れ日輪汚れ師走かな/藤松遊子

大根の丘に現れ師走富士/遠藤梧逸

師走共しらで遊ぶや鴛鴎/水田正秀

俳句例:41句目~

極月の人々人々道にあり/山口青邨

浅草の師走に遊び牛鍋屋/高澤良一

国引の師走の月の力見ゆ/榎本好宏

嬉野や油こぼれし師走風/横光利一

訴ふる姿勢で敵意師走犬/香西照雄

煤の手に一歩を渡す師走かな/岱水

小鼠の行列つづく師走哉/正岡子規

うぐひすの啼や師走の羅生門/蕪村

わが師走即ち一児病院に/石塚友二

雪と雪今宵師走の名月か/松尾芭蕉

極月の水もらひけり鋏研/安東次男

旅なれぬ妻極月の旅支度/後藤良子

極月の竃火みゆる巷かな/飯田蛇笏

街師走町角ごとの煙草店/高木晴子

極月の罠抜けくぐり鰻屋に/上村占

極月の職失ひて戻りけり/関戸靖子

極月の松風もなし万福寺/石田波郷

極月の蛇屋の壜の蛇覗く/高澤良一

極月の街の真中を隅田川/福田蓼汀

極月の香煙たえぬ融通神/田中英子

俳句例:61句目~

極月や孫と遊びの庭焚火/遠藤梧逸

干蝮この軽きこと師走市/山田千秋

雨去つて師走の街の甦る/手塚金魚

極月や紅き生姜の水の中/平井照敏

極月八日卵突起し滑脱する/竹中宏

清潔な足極月の学さなか/森田智子

潦極月の日の吹きさらし/長谷川双

濯ぎつつ炊ぐ師走の艀妻/道川虹洋

師走はや心斎橋の人通り/高濱年尾

極月や月の手前に欅の木/池田澄子

極月のどこの社も落葉かな/増田龍雨

師走の灯前後にて恥らひぬ/杉山岳陽

人の親の病悲しき師走かな/赤木格堂

炭売に日のくれかゝる師走かな/蕪村

極月のとぼけ顔して地獄耳/福田蓼汀

車椅子置かれ師走の礼拝堂/斉藤葉子

伊勢藤に師走の客の四人かな/岸田稚

佃路地師走発たすと風日和/古沢太穂

何んとなく師走顔なる厨妻/丸木千香

師走の蝶遠き元禄誘ひ出す/河野南畦

俳句例:81句目~

僕キツネ私タヌキの店師走/高澤良一

目前の師走手帳に走り書き/高澤良一

躓きて灯の動じたる師走かな/岸田稚

畳さし二人並びて師走富士/増田龍雨

少年院訪ふ極月のひとり旅/大堀澄子

師走はや夫の病床花乏し/石田あき子

古梅園師走の音を隔てたり/西村和子

名号を母が鵙ひし師走かな/石田波郷

仲見世の新仲見世の師走人/有川淳子

極月の残る十日に居直りぬ/吉年虹二

足かぶる庵の鼠も師走かな/浜田酒堂

北斎を見る極月の橋わたり/橋石和栲

掛嫌ひ通して老いし師走妻/平野一鬼

星照るや師走八日も明けちかき/乙二

黄金狂時代抜け出し師走妻/高澤良一

買物の好きな女に師走来る/星野立子

誰もゐぬ職員室に師走の灯/西堀貞子

夜は月に橋あらはるる師走かな/蓼太

大切な指を傷つけ師走妻/柳本津也子

大声にさわぐ師走の鴉かな/正岡子規

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ