季語/狸汁(たぬきじる)を使った俳句

「狸汁」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「狸汁」について

【表記】狸汁

【読み方】たぬきじる

【ローマ字読み】tanukijiru

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「た」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

狸汁を含む俳句例

分校の或日給食狸汁/江本如山

善悪の玉の浮世の狸汁/上村占

寒菊は白き一輪狸汁/山口青邨

狸汁花札の空月真赤/福田蓼汀

方正を守る豆腐や狸汁/石井露月

段々に部屋暖かく狸汁/高木晴子

百姓に雨の一日狸汁/松本ます枝

色欲の僅かを恃む狸汁/鈴木鷹夫

跫音は座敷童子か狸汁/武市明子

壁を背に唐紙を背に狸汁/高木晴子

狸汁あすゆく山を月照らし/下田稔

蔵王の裾に棲み古り狸汁/渡辺蔵王

心電図とられしあとの狸汁/星野秀則

烏賊徳利灰に突つ立て狸汁/北川蝶児

狸汁もう一杯と言はせたる/泉田秋硯

狸汁座中の一人ふと消えぬ/佐藤紅緑

眼帯をはづして狸汁すする/山上荷亭

裏戸よりのそりと顔や狸汁/鶴丸白路

鍋尻がチカチカ燃えて狸汁/富安風生

髪そめて妻のあはれや狸汁/石橋秀野

俳句例:21句目~

すけといふは女の隠語狸汁/稲垣きくの

狸汁山のいただき夜も見えて/小林輝子

狸汁煮えこぼれゐる榾火かな/橋本鶏二

狸汁背中見られぬところに座/吉田紫乃

酔うてゆくわれを知りをり狸汁/星野立子

狸汁喰べて睡むたうなりにけり/大橋越央子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ