季語/鏡餅(かがみもち)を使った俳句

「鏡餅」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鏡餅」について

【表記】鏡餅

【読み方】かがみもち

【ローマ字読み】kagamimochi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・御鏡(おかがみ:okagami)

・餅鏡(もちいかがみ:mochiikagami)

・具足餅(ぐそくもち:gusokumochi)

季節による分類

・「か」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

鏡餅を含む俳句例

青黴の春色ふかし鏡餅/有風

小舟して島の祠へ鏡餅/泊月

湖のほとりの玉や鏡餅/才麿

澱みなく一日終る鏡餅/直人

一枚は大鏡餅餅莚/鈴木花蓑

鏡餅母在して猶父恋し/暁台

美しの宮は姫神鏡餅/石崎晋象

空港の管制塔に鏡餅/塩川雄三

老妻の今年も割りぬ鏡餅/碧童

宿泊簿記す傍ら鏡餅/高澤良一

鏡餅供ふ漁船の命綱/右城暮石

一と筵大小鏡餅並ぶ/滝沢鶯衣

火種なき父の間夜の鏡餅/雅人

一臼は船霊さまの鏡餅/山信夫

舟に据ゑ海へ供へし鏡餅/誓子

鏡餅鉄槌で割る勤め母/楠節子

庭の松一朶は這へり鏡餅/青邨

診療の机狭めし鏡餅/山下公三

鏡餅暗闇を牛通りけり/桂信子

鏡餅岩にのせあり貴船道/播水

俳句例:21句目~

襖絵の一瀑緊る鏡餅/関森勝夫

神託をうべなふ鏡餅の罅/静塔

紙漉の舟の上なる鏡餅/市川三三

玄関の一隅に書架鏡餅/関森勝夫

蛇神の祠はみ出し鏡餅/藤原孝子

軍神の古びるままに鏡餅/仁平勝

思ひ出づる赤人にまで鏡餅/言水

鏡餅余生思ひのほか永し/松木実

掛軸に静の一文字鏡餅/中村嘉風

鏡餅寒気憑きては離れては/龍太

鏡餅本尊諸仏諸菩薩に/山口笙堂

東京に渇き始めた鏡餅/櫂未知子

板の間の猫の爪あと鏡餅/中拓夫

橙の据りがよくて鏡餅/高浜虚子

鏡餅童女丸めて童女の丸/楠節子

今昔のわれにも移り鏡餅/森澄雄

鏡餅荒山風に任せあり/石田波郷

風年や笑み割れそむる鏡餅/鬼城

漉槽の四隅四隅に鏡餅/金丸鉄蕉

白少し透きし三日の鏡餅/森澄雄

俳句例:41句目~

神灯の色に染りて鏡餅/浅野京子

存在に罅が奔つて鏡餅/山本一双

種籾の俵の上の鏡餅/蒲原ひろし

寝所の埃蒙むらん鏡餅/滝井孝作

一茶の像ちひさしこれに鏡餅/蕪城

さし覗きたる方丈に鏡餅/岩田由美

鏡餅ひらくや潮の満ちきたり/林徹

つぎつぎに子等家を去り鏡餅/楸邨

風雨つき担ぐ寄進の鏡餅/新家豊子

海鳴りが罅を殖して鏡餅/池谷市江

ひわれけり天神様の鏡餅/寺野竹湍

鏡餅弁天池の石となれ/阿波野青畝

神占のごと罅はしる鏡餅/津田清子

雪明りして井戸神の鏡餅/赤石明子

鏡餅厠の坐りごこちかな/高澤良一

鉱山に生れし誇り鏡餅/深見けん二

鏡餅うしろの正面畏けれ/三橋敏雄

鏡餅小さな鼾立てにけり/栗林千津

伊セ海老の橙かじる鏡餅/河野静雲

伊予柑のよきを選びぬ鏡餅/三幹竹

俳句例:61句目~

傍観す女手に鏡餅割るを/西東三鬼

大ぶりの鏡餅来る宅急便/斉藤葉子

定年や大きく割れて鏡餅/池田秀水

門弟の名札そろふや鏡餅/吉右衛門

裁台に針娘等よりの鏡餅/溝越春甫

鏡餅不景気の年重ねけり/高澤良一

鏡餅置き処なし本の山/田川飛旅子

鏡餅割る手力を妻に見せ/野中春艸

鏡餅置いて正方形の部屋/黛まどか

文机や柚子を代りの鏡餅/石川桂郎

鏡餅前山の風しづまれり/菅原鬨也

鏡餅疎外のひびを拡げたる/有働亨

一村を鼓でよぶや具足餅/中村史邦

みづからの力に割れて鏡餅/伊藤通明

わが闇の何処に据ゑむ鏡餅/飯島晴子

三方の前やうしろや鏡餅/後藤比奈夫

二タ灘の音重なれり鏡餅/栗栖恵通子

仮住みの書棚に飾る鏡餅/小俣由とり

師に献ず鏡餅とて母が撫す/田子水鴨

店さきの駄菓子の中の鏡餅/奈良鹿郎

俳句例:81句目~

悔ばかり本の谷間に鏡餅/田川飛旅子

正月を出して見せうぞ鏡餅/向井去来

水甕の底にまづ置く鏡餅/下村かよ子

鏡餅ことし奮発したりけり/高澤良一

鏡餅しばらく紺の潮目あり/友岡子郷

鏡餅のあたりを寒く父母の家/林朋子

いと小さき歳神さまの鏡餅/戸塚茅亭

鏡餅ゆるがぬままや水の中/赤尾兜子

鏡餅わけても西の遥かかな/飯田龍太

罅にびくともせぬ鏡餅多子家系/狩行

鏡餅天日かつと照らしゐる/飯田龍太

褒貶をひねり上げたり鏡餅/永田耕衣

鏡餅据ゑても暗き納戸神/下村ひろし

鏡餅海図の端をおさへけり/福永耕二

長病の母さびしさや鏡餅/五十嵐播水

鏡餅霰まじりの音となリ/深見けん二

露坐仏の大悲の御手の鏡餅/森桂樹楼

赤子泣く家の大きな鏡餅/鷲谷七菜子

たま~に来る患者や鏡餅/五十嵐播水

具足餅由々しき影を構へたり/畑耕一