季語/鳥総松(とぶさまつ)を使った俳句

「鳥総松」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鳥総松」について

【表記】鳥総松

【読み方】とぶさまつ

【ローマ字読み】tobusamatsu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・留守居松(るすいまつ:rusuimatsu)

季節による分類

・「と」で始まる新年の季語

・「新年の生活」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

鳥総松を含む俳句例

青々と少し斜めの鳥総松/星野椿

洛中の青き炎の鳥総松/佐川広治

翳の中に見ずなり鳥総松/斎藤玄

猫が猫誘ひに来たり鳥総松/松本旭

鳥籠を日向に移す鳥総松/鈴木さち

晩年の幸潰えしか鳥総松/今牧茘枝

一筋の寒き町なり鳥総松/清原枴童

上階の子会社灯る鳥総松/小林幹彦

駅裏もまた賑ひや鳥総松/大津希水

ここにまだ屯田の家鳥総松/大島早苗

風荒き夜とはなりぬ鳥総松/猿丸葆光

鳥総松歩けば島の路地固し/藤田湘子

鳥総松色町は昼さびしけれ/角川春樹

杜氏来る造り酒屋の鳥総松/阿部寿雄

満潮が倉庫の前に鳥総松/秋元不死男

風出でゝ人も通らず鳥総松/清原枴童

近江路の元本陣の鳥総松/小竹よし生

幾日も空が真青や鳥総松/副島いみ子

風花の束の間あそぶ鳥総松/杉山岳陽

日々の勤めとなりぬ鳥総松/鈴木花蓑

俳句例:21句目~

ちちも長命ははも長命鳥総松/黒田杏子

ひとすぢの日の美しや鳥総松/米谷静二

むさしなる古町ゆけば鳥総松/杉山岳陽

主婦に職労はられ出づ鳥総松/皆川白陀

夜の雨も上総はぬくし鳥総松/白岩三郎

暮れ方に来客ひとり鳥総松/片山由美子

月光は夜の戸にひたと鳥総松/大津希水

筆匠の暖簾垂れたり鳥総松/水原秋櫻子

草屋根の一戸となりて鳥総松/佐野昌晴

荒涼の昨日につづき鳥総松/鈴木六林男

鳥総松女子理髪師に顔ゆだね/石川桂郎

鳥総松家近くして酔ひの出づ/原田種茅

笹いろの青鵐来そめし鳥総松/手島靖一

鳥総松盛り塩したる縁起かな/井桁蒼水

この凍の緩むことなし鳥総松/深川正一郎

吾が影のとまりしところ鳥総松/上野章子

引き潮のとき鳥総松青みけり/藤田あけ烏

朝日やや幅をひろげし鳥総松/百合山羽公

鳥総松枯野の犬が来てねむる/水原秋櫻子

鳥総松をみな果して見返り合ふ/土屋杯南

俳句例:41句目~

鳥総松子らに残すに何あらむ/兼巻旦流子

鳥総松青しとみたる夜のとばり/中村汀女

甘藷売の火屑をこぼす鳥総松/久保田晴朗

鳥総松雪追ふ雪の来てうもる/篠田悌二郎

父愛子にいくばくとゞむ鳥総松/篠田悌二郎

鳥総松ふつとぐるりと動きけり/中戸川朝人

鳥総松をんなが酒気を帯びてゆく/立岩辟子

鳥総松ふまれふまれてなくなんぬ/清原枴童

髷の根のややゆるみけり鳥総松/阿部みどり女

母待つや日の暮れかかる鳥総松/鍵和田ゆう子

鳥総松霜ふかき日のつづきけり/久保田万太郎

新年の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ