季語/蚕(かいこ)を使った俳句

「蚕」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蚕」について

【表記】蚕

【読み方】かいこ

【ローマ字読み】kaiko

子季語・関連季語・傍題・類語など

・春蚕(はるご:harugo)

季節による分類

・「か」で始まる春の季語

・「春の動物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

蚕を含む俳句例

神棚の灯は怠らじ蚕時/蕪村

十斗班女が閨の蚕かな/亀友

蚕棚に届く女の背丈かな/篠原

山桑や一棚の蚕の作り徳/船山

裏川や蚕流しの雨となり/刺花

蓬莱や蚕のすがる常世物/桃隣

宵からの雨に蚕の匂かな/成美

蚕飼村抱き荒船山霞む/杉本寛

浴して蚕につかふ心かな/召波

上州の女蚕を敬ひぬ/川井梅峰

尼寺の畳の上の蚕かな/猪原丸申

弟憎し蚕の社前過ぎて/塚本邦雄

春の天浅間の煙お蚕のごと/普羅

今年より蚕はじめぬ小百姓/蕪村

天蚕の卵が育つ若葉風/加藤良子

夕焼の蚕室へ帰る女達/飯田龍太

上簇は蚕飼の峠時鳥/大岳水一路

神の川流れ来りし捨蚕かな/篠原

美しき人や蚕飼の玉襷/高浜虚子

五月雨や蚕わづらふ桑ばたけ/翁

俳句例:21句目~

髪結ふて花には行ず蚕時/炭太祇

欲ふかき隣の婆の蚕飼哉/かをり

十六夜や上蔟急ぐ蚕棚/岡本庚子

石垣に鏡の破片蚕飼村/飯田龍太

月更けて桑に音ある蚕かな/召波

姨捨の晴曇はげし捨蚕/宮坂静生

柩過ぐいま蚕ざかりの家の前/龍太

雌といふ宿命のあり蚕の蝶/きよみ

蚕する人は古代のすがたかな/曾良

門内の庭の広さや蚕飼宿/高浜虚子

淡雪や水に一日の蚕種紙/上村雪明

病蚕に焼酒を吹く五月雨/萩原麦草

長の家わづかに蚕なき一間/泉鏡花

信濃路や宿かる家の蚕棚/正岡子規

桑くれて機嫌養ふ蚕かな/井上井月

ことしより蚕はじめぬ小百姓/蕪村

蚕飼妻夕餉の肩を蚕這ふ/三宅句生

初午や蚕どころは繭団子/吉野牛南

上方の土産話しや蚕飼ふ/松藤夏山

桑無くて蚕と蚕搦まれる/京極杞陽

俳句例:41句目~

夏草に這ひ上りたる捨蚕かな/鬼城

蚕飼ふ障子が匂ふ柿若葉/稲垣陶石

笹刈つて土用太郎の蚕神/広瀬直人

畳あげて蚕飼仕度の拭掃除/上村占

山麓の牧草を刈り蚕飼村/和知喜八

黄八丈織る原絲の蚕飼かな/上村占

傾城の蚕飼ふとは何事ぞ/寺田寅彦

古蚕笊垣とし学舎に隣る/木村蕪城

手枕の人うつくしき蚕棚哉/松瀬青々

摘みし桑残り蚕は上蔟す/鈴木つや子

絵簾やいまは蚕棚も何もなき/瀧春一

日静かに繭をいとなむ山蚕/渡辺呂仙

蚕飼して眠りぞ浅き尼ぜたち/静良夜

明け近き蚕棚の音や上り時/会津八一

春蚕のねむる夕日に細き川/大井雅人

蚕時雨の縁に休める女かな/岡崎芋村

この辺は蚕の村か桑枯るゝ/高浜虚子

蚕時や雪解を渉り相まみゆ/前田普羅

燈明の神々しくも蚕屋深く/安田蚊杖

晒し葛蚕のやうな白さかな/石河義介

俳句例:61句目~

曲屋に捨蚕臭ひておしら神/桂樟蹊子

朝日煙る手中の蚕妻に示す/金子兜太

たゞ白き逢魔ケ刻の捨蚕かな/森田峠

蚕飼ふ女やふるき身だしなみ/炭太祇

蚕飼女に李ちる空夕冷ゆる/石原舟月

天蚕の繭のみどりを機の糸/中川芳子

蚕飼村夕風見えて春竜胆/柴田白葉女

はだか砂利路蚕飼の村に入る/草田男

踊るなり紙も蚕も滅ぶれど/大野林火

軒先に山川暴る蚕飼かな/瀧澤伊代次

蚕休みの母の眠りの衰へし/太田鴻村

紅葉明りへ勾配急に養蚕堂/河野南畦

蚕仕度斧の箱鞘うち鳴らし/前田普羅

過疎の村絶えず首振り育つ蚕/浜芳女

道ばたに蚕の神や桑を解く/西本一都

雪解山降り注ぐ日は天蚕糸/高澤良一

雷鳴つて御蚕の眠りは始まれり/普羅

青嵐蚕棚を払ふ天気かな/大須賀乙字

一生を秩父で終る蚕飼ふ/樋口玉蹊子

餅花や蚕飼うけ継ぐ太柱/大森井栖女

俳句例:81句目~

乙女らの頸が蚕の色盆の路/飯田龍太

馬と蚕を飼ふ厨暗くて山清水/森澄雄

蚕の蛾産卵の羽ふるひつつ/長谷川櫂

鬚つけし商人きたり蚕仕度/前田普羅

人がなす冬蚕に炭火赫々と/栗生純夫

人稀な蚕神の塚の暮春かな/佐野美智

樹が繁るダダ新吉の養蚕か/坪内稔典

傾きし裏の母屋の蚕飼かな/高野素十

刈る草にあはれ捨蚕のうすら繭/盛治

蚕の村の薄明を水奔りすぐ/佐野美智

蚕の匂ひ死病の人を見てあれば/遷子

夏場所の桟敷蠢めく蚕かな/久米正雄

夏草を這上りたる捨蚕かな/村上鬼城

天蚕に夕星はやき蚕飼村/緒方みどり

蓆分けて蚕淋しくなりにけり/碧梧桐

天蚕の夢も現もうすみどり/緑川啓子

春蚕飼う姉に吉野の櫂の音/大西健司

嫁ふたりあるがたのみの蚕飼ひ/篠原

尊徳像あり蚕飼屋の奥庭に/富田潮児

尺蠖の歩く蚕部屋の竿秤/皆川美恵子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ