季語/蚕(かいこ)を使った俳句

俳句例:101句目~

涼風に積古る蚕笊二十枚/八木林之介

渡り鳥渡りつくせり初冬蚕/栗生純夫

山蚕らに大山祇は在します/塚原夜潮

繭白し蚕飼疲れの母午睡/瀧澤伊代次

手すさびに桑摘む姫や紙蚕/藤野古白

蚕飼する此頃妻のやつれかな/子規句集

蚕飼する天の深さを吾のもの/中島ふき

柿若葉むかし蚕室の暗かりき/土屋未知

お蚕さまいつか框に遊びをり/中澤康人

蚕筵を洗ひし水のまはりをり/西本一都

蚕笊もて猪垣結へり衣文村/松本たかし

せりせりと蚕は桑喰む昼冥し/宗像ひで

畦豆やふところ深き蚕飼村/小島千架子

蚕屋障子開きて九月の峠見ゆ/筒井恭子

蚕屋障子狐色にぞともりける/田村了咲

ちらちらと炎を見たる蚕飼村/広瀬直人

ともしびを毛蚕にかたむけ夕近し/蕪城

蚕室も納屋も掃ひて年用意/長谷川素逝

ふるさとは框這ひゆく春蚕かな/石寒太

絲吐きて蚕が薄明に隠れきる/野澤節子

俳句例:121句目~

棕梠の木の夕栄消えて蚕飼唄/萩原麦草

糸吐きて蚕が薄明に隠れきる/野澤節子

蚕は眠り老人は皆せはしなく/如月真菜

森の家にしづかに育つ蚕かな/尾崎迷堂

蚕の部屋へ丸太刻みし掛梯子/中田樵杖

不二初雪蚕を終へし窓開かれて/金子潮

九月蚕は眠り門川やはらかし/平畑静塔

二番蚕の眠りより醒め雨青き/菖蒲あや

手すさみに糟糠の妻の蚕飼ふ/寺田寅彦

手の桑に木枯うたふ蚕飼神/加藤知世子

家作りの蚕飼する家の雛かな/尾崎迷堂

眠る蚕に雲の尽きたる駒ケ岳/飯野燦雨

捨てるといふ蚕を貰ひ養ひし/数藤五城

病みし蚕を見る電球を傾けて/今瀬剛一

採算のとれぬ蚕と知りながら/宮中千秋

葛城の神に雨降る蚕飼かな/阿波野青畝

旅人の腰かけて居る御蚕の宿/前田普羅

天蚕の織ぬんめりと初時雨/上田五千石

日雇ひと共に言荒れ養蚕季/馬場移公子

蒟蒻を蚕棚に寝かす山日和/馬場移公子

俳句例:141句目~

花まつり過ぎたる川に沙蚕掘る/森重昭

蚕ごもりや明方近く雨ざァと/田村了咲

熟れ熟れてお蚕水の如滴りぬ/栗生純夫

流さるる蚕しろじろ芦に寄る/石原舟月

咆哮のさまに身を反る蚕かな/柴田豊子

洩るる灯の星より淡し蚕飼村/西村博子

時刻む飼屋の時計蚕のねむり/富安風生

山を隔つ軒の深さや蚕棚組む/瀧井折柴

眠たさの二三行づつ蚕屋日記/北里忍冬

嫂の落ち蚕を拾ひ嘆きたる/瀧澤伊代次

蚕の眠りはじまる谷の白障子/大野林火

病蚕を埋めておぼろの土動く/萩原麦草

花ずみの枝先触るる蚕影さま/荒井正隆

夜神楽の篠に拾はる蚕神さま/佐野美智

蚕飼ふ往還に葛咲きかかり/猪俣千代子

残雪や合掌民家に蚕臭消ゆ/岡部六弥太

湯上りのすぐに蚕飼の女かな/草野駝王

蚕飼女の時なし飯の香のもの/高濱年尾

籠の桑のその清浄の蚕飼かな/星野石木

嬰児籠に寝息うかがふ蚕飼季/池元道雄

俳句例:161句目~

蚕の神をひしめき囲み破れ傘/和田暖泡

蟷螂とおなじ日向の捨蚕かな/藤田湘子

光吐くごと繭ごもる春蚕かな/橘美寿穂

裏沼を桑舟漕げる蚕飼かな/大橋櫻坡子

裏飛騨は春蚕支度も雪踏みて/河北斜陽

夜濯ぎになほ汚れたる蚕飼妻/萩原麦草

夜涼一家青き蚕棚が家に満ち/相馬遷子

這ひ交む蚕蛾夕餉のおそき農/丸山海道

蚕の匂ひ桑の匂ひと入り交り/高浜年尾

週末は捨蚕のかたちして眠る/櫂未知子

天蚕を振りて故山の風を聞く/平賀扶人

夜寒さの蚕家に宿かる旅役者/小川芋銭

蚕の蛾交りし翅をびゝ~と/射場秀太郎

伸び上る蚕の貌の尖り来し/吉村ひさ志

障子あきすぐ閉されし捨蚕かな/森田峠

障子貼つて眠りしんしん晩々蚕/下田稔

人泊めて雪積もらする蚕屋二階/下田稔

雛の段蚕棚にてつくりたる/瀧澤伊代次

雨そぼつ柴のほずゑの天蚕繭/飯田蛇笏

雪明り毛蚕といへるは糸ほどか/上村占

俳句例:181句目~

海棠や蚕部屋の匂ふ伊那の里/皆川盤水

雷と雹その下にまだ蚕飼ふ/百合山羽公

砂子めく蚕紙守る家に時鳥草/田中英子

雷鳴つて蚕の眠りは始まれり/前田普羅

蚕がひする人は古代のすがたかな/曾良

息枯れて熟蚕蛹にならんとす/栗生純夫

繭了へて山蚕ののこす落し文/澤田緑生

蚕室をつゞき出でたる二三人/西山泊雲

天蚕のしずかに睡る旅なりし/任田房子

鮎の瀬に漬けし蚕莚渡しけり/前田普羅

鮎の瀬は遠音あぐるや蚕仕度/前田普羅

鱗毛を飛ばし蚕蛾の交み合ふ/小倉桑平

這ひ出でて眉美しき蚕蛾かな/浜川穂仙

病人をかかへいそしむ蚕飼かな/橋本鶏二

百姓にたまの風呂沸き蚕の眼り/福田蓼汀

確かめておく天蚕の在りどころ/児玉輝代

絹の冷えすでにまとひて蚕眠る/吉野義子

胡の蚕痩せたる繭をつくりけり/下村梅子

花莚二枚目立ちぬ蚕飼屋に/長谷川かな女

薫風や蚕は吐く糸にまみれつゝ/渡辺水巴

タイトルとURLをコピーしました