季語/春の暮(はるのくれ)を使った俳句

「春の暮」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「春の暮」について

【表記】春の暮

【読み方】はるのくれ

【ローマ字読み】harunokure

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の時候」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

春の暮を含む俳句例

春の暮家路に遠き人斗/蕪村

犬が来て覗く厨の春の暮/誓子

入相の鐘も聞えず春の暮/芭蕉

大門のおもき扉や春の暮/蕪村

廃駅に落書多し春の暮/皆吉司

火鉢なほ美しくある春夕/篠原

下京の窓かぞへけり春の暮/一茶

煙突に煙まつはる春の暮/辻桃子

大釜の米押し洗ふ春の暮/岡本眸

傾城のうすき眉毛や春の暮/青々

春の暮川幅を水流れては/桂信子

古池に一石投ず春の暮/加藤郁乎

陵の石段下りぬ春の暮/田中冬二

海原や春の夕の波に波/尾崎迷堂

湖の島に人ゐる春のくれ/小澤實

鉄階にのぼりて旧き春の暮/原裕

文目濃く母の老いゆく春の暮/裕

春の暮頭の何処か琴鳴りて/昌寿

春の暮鴎の波に鳰の乗り/岸田稚

峠から大和の里や春夕/尾崎迷堂

俳句例:21句目~

薄紙も炎となりぬ春の暮/桂信子

海は帆に埋れて春の夕かな/大魯

蕪白く沢庵黄なり春夕/会津八一

にほひある衣も畳まず春の暮/蕪村

音楽の前進するや春の暮/千葉皓史

青竹の切口あいて春の暮/関戸靖子

白雲や秋の暮また春の暮/永田耕衣

わが映る鏡無惨や春の暮/相馬遷子

地に添うて鶏の一日春の暮/桂信子

駐在所紅一燈の春の暮/上田五千石

町なかの昔の松の春の暮/山口誓子

大蛸の足茹であがる春の暮/岸田稚

恋人のからだの丘も春の暮/正岡豊

人体に直線なけれ春の暮/小川軽舟

人寂し優し怖ろし春の暮/永田耕衣

鮨くうて皿の残れる春の暮/桂信子

仏顔も貫入うかぶ春の暮/大島民郎

あはれとは生きの験の春の暮/朱鳥

野遊びやたつて腰うつ春の暮/信徳

いづかたも水行く途中春の暮/耕衣

俳句例:41句目~

人も仏も間じ方見て春の暮/原田喬

春の暮暗渠に水のひかり入る/楸邨

春の暮狐きて舞へ石の上/角川源義

酒倉を杜氏と歩く春の暮/永田耕衣

入あひの鐘もきこえず春の暮/芭蕉

きまじめに馬歩きだす春の暮/間石

近づきて塔見失ふ春の暮/邊見京子

頬杖のやがてもの食ふ春の暮/繁子

晦日や行燈立て春のくれ/立花北枝

空耳に濤の音聞く春の暮/伊藤京子

水の上を水が流れて春の暮/桂信子

水の面に音なき雨や春の暮/林久子

足を見て考へてをる春の暮/上野泰

花ながら春の暮るゝぞ便なき/樗良

赤猫のうるさくなりぬ春の暮/山店

潮嗄れのこゑの鴉や春の暮/中拓夫

三五人女神をめぐる春夕/佐藤春夫

奥山の枯葉しづまる春夕/前田普羅

天地に妻が薪割る春の暮/石田波郷

広島の茹卵食ふ春のくれ/萩原麦草

俳句例:61句目~

燭の火を燭にうつすや春の夕/蕪村

癲癇を目守る広場の春夕べ/徳弘純

竹林を童子と覗く春夕ベ/西東三鬼

つながれて牛考へる春の暮/桂信子

閉帳の錦たれたり春の夕/與謝蕪村

雨を吸ふ縄を思ヘり春の暮/柿本多映

家を出て家に歸りぬ春の暮/藤田湘子

居風呂に棒の師匠や春の暮/蕪村遺稿

島の端に出て島を見る春の暮/岸田稚

門に倚り門の貌して春の暮/鳴戸奈菜

拾ひたる貝の雫や春の暮/大木あまり

鐘撞かぬ里は何をか春の暮/松尾芭蕉

一人なれば仏に向ひ春夕べ/赤松柳史

あぶな絵を脇より覗く春の暮/石嶌岳

新宿は麦に穂がつく春の暮/中村史邦

日曜も無き商売や春の暮/鈴木真砂女

蜜なめて黒瞳かがやく春の暮/桂信子

金精様と向き合ふ少女春の暮/原田喬

春の暮はばたきて鶏止り木に/大串章

時計台に春夕早や灯りけり/島田青峰

俳句例:81句目~

春の暮佛頭のごと家に居り/岡井省二

をかしらし春の夕の夜這星/尾崎紅葉

酔ふた~柳手をひけ春の暮/幸田露伴

春の暮屋根反り平和脅かす/森田智子

まろび寐を跨ぎ春夕の厠ヘ/下村槐太

春の暮御用~とサロンパス/坪内稔典

誰がための低きまくらぞ春の暮/蕪村

春の暮牛舎に黒き人の影/藤岡勢伊自

鈴に入る玉こそよけれ春のくれ/敏雄

春のくれ夫なき家に帰りくる/桂信子

春の暮白き障子を光とし/橋本多佳子

春の暮白馬を永く失はず/伊丹三樹彦

春の暮老人と逢ふそれが父/能村研三

春の暮誰もゐぬ家一つ置き/久保幹児

総毛立つ紙の手ざはり春の暮/桂信子

真白なる猫が墓守る春の暮/吉野義子

春の暮鴉は両翼垂らしとぶ/山口誓子

平らかに畳に居るや春のくれ/桂信子

春の暮齢の袂ぶらさがる/宇多喜代子

昨日行きし柩のここを春の暮/斎藤玄

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ