季語/河豚汁(ふぐじる)を使った俳句

「河豚汁」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「河豚汁」について

【表記】河豚汁

【読み方】ふぐじる

【ローマ字読み】fugujiru

子季語・関連季語・傍題・類語など

・ふぐと汁(ふぐとじる:fugutojiru)

・ふぐとう汁(ふぐとうじる:fugutojiru_)

・河豚鍋(ふぐなべ:fugunabe)

・河豚の宿(ふぐのやど:fugunoyado)

・河豚ちり(ふぐちり:fuguchiri)

・てつちり(てつちり:tetsuchiri)

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

河豚汁を含む俳句例

鰒好む家や猫迄ふくと汁/几董

世なりけり木曽の梯河豚汁/露沾

酒飲まぬ天の愁や河豚汁/魯智深

河豚汁や知らて更行夜の雪/春郊

河豚汁や豪傑我と汝のみ/福田井村

頼みある仲の交り河豚汁/寺田寅彦

河豚汁や女あるじの皮褥/井上井月

国貞の描ける女河豚の宿/田中冬二

花嫁の父と二次会ふぐと汁/嶋田一歩

けふばかり人つかひよし河豚汁/白麻

河豚好む家や猫迄ふぐと汁/高井几董

河豚汁や風雅の上の生別れ/野村喜舟

手を打つて死神笑ふ河豚汁/矢田挿雲

河豚汁前仏既に去る世かな/小杉余子

河豚汁うき世にいらぬ命もかな/露言

ふぐと汁我が使に我ぞ来ぬ/黒柳召波

言のみの威猛泡なす河豚鍋/石塚友二

河豚鍋や嘘美しく老いし膝/小林康治

ちり鍋や白滝結ひし藁一本/今泉貞鳳

河豚汁やにんにく盗む寺畠/浜田波静

俳句例:21句目~

河豚宿の三階に聞く雨静か/辻本斐山

河豚の宿女ばかりに迎へられ/上村占

ちり鍋を司る膝立てにけり/浦野芳南

河豚鍋や返しもならぬ人生事/安住敦

河豚汁や無きに等しき我心/野村泊月

河豚汁はよろこぶ人を殺しけり/曲翠

死ぬやうにひとは言也ふくと汁/炭太祇

めら~と燃ゆる火急や河豚汁/石井露月

てつちりや道頓堀のぬめ灯り/老川敏彦

河豚宿に八犬傳の揃へあり/佐々木六戈

河豚汁くつくつ女背がわらふ/加藤楸邨

河豚宿の古き柱を背にしたる/三村純也

河豚宿の灯れば川も灯りし/塩月/能子

河豚汁の皆生きて居る鼾かな/会津八一

ちり鍋やぎんなん覗く葱の隙/石塚友二

河豚汁やさて火をともし能見れば/子曳

ふぐ鍋や男の世界ちらと見し/松尾静子

河豚汁や剣見て居る酔さまし/尾崎紅葉

河豚汁や喰はぬ程だにあはれなる/斗文

河豚汁や母を諫むるつくり言/会津八一

俳句例:41句目~

河豚汁や蕪村にしかぬ桃青忌/会津八一

河豚汁や逢ふ瀬を嫁ぐごとくなり/康治

河豚汁や風をさまりし波の音/山田春生

河豚汁毀誉褒貶に生きながら/滝井孝作

河豚汁浅き心に食うべけり/徳永山冬子

河豚汁食ひし笑ひを淋しめり/萩原麦草

河豚鍋でも何でもついて来る女/森田峠

河豚鍋の後蒸タオル熱すぎぬ/宮武寒々

河豚鍋や平家亡びし汐を見て/筑紫太郎

河豚鍋や悪女ほど夜は美しき/生島五郎

河豚鍋や愛憎の憎煮えたぎり/西東三鬼

河豚鍋や臓腑も食へと詩の神/井沢正江

ふぐと汁ひとり喰ふに是非はなし/白雄

ふぐと汁鼎に伽羅をたく夜哉/蕪村遺稿

人妻は大根ばかりをふくと汁/榎本其角

あら何ともなや昨日は過ぎて河豚汁/芭蕉

人の愚は我が愚に如かず河豚汁/露木爪弾

死ぬ奴の方がまちがひよ河豚汁/滝井孝作

てつちりと読ませて灯りゐるところ/青畝

別れの灯せめて明るく河豚の宿/高木晴子

俳句例:61句目~

てつちりも曖昧模糊となり母よ/櫂未知子

あぶなゑの大皿のあり河豚の宿/田中冬二

河豚鍋や炉にかたむきて地獄変/野村喜舟

河豚鍋をつつめる奇しき焔かな/後藤夜半

てつちりやけふまぎれをり大阪に/森澄雄

門司の灯も大方消えぬ河豚の宿/福田清人

河豚鍋に己れ曲げざる者ばかり/荒井正隆

衝立の金おとろひぬ河豚の宿/楠目橙黄子

河豚鍋が煮ゆる男の腹決まる/榎本冬一郎

夏みかんに霜除け笹し河豚の宿/田中冬二

河豚汁鯛は凡にてましましける/黒柳召波

ふぐ鍋や世にときめくも運不運/村山古郷

ふぐ鍋や夜眼に見えねど淀流る/森川暁水

藁蓋でよべの河豚鍋かくし置く/廣江八重櫻

河豚鍋にけろりと坐る女かな/長谷川かな女

てっちりのこれ何處の骨何處の皮/高澤良一

てつちりと灯るところも又繁華/阿波野青畝

てつちりの旬がそろそろ博多町/成瀬正とし

河豚鍋や水面のネオン雨に痩せ/石川/桂郎

河豚汁や今宵は乳も濃くあらむ/赤松ケイ子

俳句例:81句目~

まくらがりなる河豚宿の鼾かな/佐々木六戈

河豚鍋にあやかる程のさそい無し/高澤良一

河豚宿にめざめてみれば只の人/佐々木六戈

あら何ともなやきのふは過てふぐと汁/芭蕉

月蝕など見ず河豚鍋をつつきけり/高井北杜

河豚宿の小犬が噛んでゐる毛布/佐々木六戈

河豚鍋や落ち着いてきし空模様/永田耕一郎

銀座うらとある小路の河豚の宿/高橋淡路女

ふぐと汁寡黙の夫と知りをれど/塩谷はつ枝

河豚汁にあたたまりもし灘泊り/山田/月家

河豚汁や勘弥の与三と羽左の与三/野村喜舟

河豚汁のわれ生きている寝ざめ哉/与謝蕪村

河豚汁やあい口さして打ち並び/大阪-一有

河豚宿は此許よ此許よと灯りをり/阿波野青畝

河豚鍋のやうやく湯気のたちにけり/田中冬二

いつまでも菊咲かせたり河豚の宿/楠目橙黄子

てつちりや犬の匂ひのどてら着て/佐々木六戈

ふぐと汁さらばと成つて何をか言ふ/高田蝶衣

ふぐ鍋や壁に大きなジヨン/レノン/黒田杏子

てつちりやメニユーにゑがく御所車/大島民郎

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ