季語/栗の花(くりのはな)を使った俳句

「栗の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「栗の花」について

【表記】栗の花

【読み方】くりのはな

【ローマ字読み】kurinohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・花栗(はなぐり:hanaguri)

・栗咲く(くりさく:kurisaku)

季節による分類

・「く」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

栗の花を含む俳句例

栗の花紙縒の如し雨雫/杉田久女

山門や栗の花散る右左/寺田寅彦

物いふは心のくだち栗の花/原裕

栗の花夕波ちから収めつつ/朔多恭

栗の花父なる己れ欺かず/河野南畦

栗の花丹波は雲の厚き国/茨木和生

夕焼の消えて又雨栗の花/鈴木花蓑

太陽は卑弥呼の鏡栗の花/熊谷愛子

恵那山の雨叩きゆく栗の花/上村占

湯神とし祀る義家栗の花/木村蕪城

山彦は呼べぬ齢や栗の花/赤塚五行

伴はむものなき道の栗の花/斎藤玄

消壷に火種のぬくみ栗の花/長田等

栗の花斜面の村は霧降りて/有働亨

栗の花歳月詩神信じ来し/河野南畦

廃線の駅舎を覆ふ栗の花/足立悦子

栗の花箱根古道に雲重し/中村哲三

怠りて頭かゆしや栗の花/矢島渚男

麦飯や廂に垂るゝ栗の花/松藤夏山

代用教員たりし啄木栗の花/有働亨

俳句例:21句目~

手のひらの熱き泰山木の花/栗島弘

分校の扉錆びをり栗の花/飯村弘海

花栗に長命約し給ひける/村越化石

舌鋒の一途に対す栗の花/中島佐渡

花栗や日輪わたる雲の中/山田節子

禍の到らぬ地なり栗の花/尾崎紅葉

この村の津波避難路栗の花/高澤良一

飛騨蒼し花栗かをり繭匂ふ/前田普羅

靄かゝる山の木立や栗の花/正岡子規

雷鳴りてただの夕雲栗の花/皆吉爽雨

零の発見垂れて頭の栗の花/加藤郁乎

栗の花庭木に眺め山家めく/水内鬼灯

造物者の話をするや栗の花/寺田寅彦

赤子見に水溜り跳ぶ栗の花/細見綾子

虻飛んで栗の花散る小道哉/寺田寅彦

蓑笠に栗の花つけ繭売りに/前田普羅

今栗の花の散る頃梅雨の頃/高木晴子

栗の花散るや櫓端の古菖蒲/小川牛里

栗咲けり中学生群れにほふ顔/及川貞

花栗や爪先立ちて夢の道/磯貝碧蹄館

俳句例:41句目~

花栗や峡ふかければ風絶えて/及川貞

栗の花かつかつの生吹かれ立つ/原裕

夏もやゝ風に道化の栗の花/清水基吉

尊とさや何風情なき栗の花/幸田露伴

花栗や夜道を帰る予備校生/西村英子

栗の花舗装道路は野を縦に/川端茅舎

花栗の堤過ぐれば湖の村/上原/信子

恋猫の泰らかに過ぐ栗咲く夜/中拓夫

掃除夫も手術帽せり栗の花/石田波郷

花栗に枕みて大き藁屋なり/三宅句生

栗咲くや丹波生れの夫婦なる/杉本寛

花栗の香を隣国の怨となす/飯田龍太

花栗の香の体臭に女囚の餉/宮武寒々

栗の花降る地のあはし青鴉/石原八束

花栗や千手仏にもあそびの手/赤松子

月蝕やおろおろ匂ふ栗の花/浅野照子

栗の花馬上にのこる決闘や/加藤郁乎

栗の花にのどけき大和河内かな/蓼太

栗咲くも雲相逢ふも森深く/中島斌男

父親のいつもゐなくて柿の花/栗島弘

俳句例:61句目~

濁る水はどこかへ流し栗の花/桂信子

激つ瀬や一花栗の香の傘下/津田清子

花栗の雨情掌に触る化粧坂/巌谷小波

湧水のすぐにたひらや栗の花/辻桃子

家ひとつ夕日浴びゐる栗の花/小林兌

栗の花劫初の犬に帰らなん/安井浩司

栗の花匂ひたゝずや雨ひさし/及川貞

栗の花匂ひて墓地の歩き過ぎ/斎藤玄

花栗の白き土蔵の町に入る/巌谷小波

栗の花匂ふ若狭のほとけ道/佐川広治

栗の花齢かなしく娶らなむ/杉山岳陽

栗の花空の愁に垂れにけり/大塚育子

首太くなりし夜明の栗の花/西東三鬼

栗の花ちる徑たるむ腕時計/横光利一

まどろめばあの世の栗の花匂ふ/瀧春一

むらさきの僧晴天の栗の花/小檜山繁子

やがてまた茶髪もほろび栗の花/緒方敬

ゴルゴタの曇りの如し栗の花/平畑静塔

医師牧師癩者栗咲く道をゆく/村越化石

明け方の夜は青みたり栗の花/松瀬青々

俳句例:81句目~

栗の花いまだ一日終らざる/宇多喜代子

囲まれて気の休まらず栗の花/岩城久治

栗の花こぼるゝ妻に髪刈らす/清水基吉

栗の花しきりにこぼれ虎ケ雨/田中冬二

栗の花ときをり思ふ人もあり/横光利一

栗の花に蓋を閉ぢたる井筒哉/三島霜川

栗の花双手ざはりに夜のあり/柿本多映

栗の花呼び合ひ犬は犬呼ぶ夜/西東三鬼

栗の花母さん僕を呼びにくる/如月真菜

栗の花淡き街影ゆりおこす/川田由美子

栗の花満たして古墳また古墳/松山足羽

栗の花満ちて重たし雨の犬/田川飛旅子

栗の花玻璃の曇りの幽かにて/加藤楸邨

栗の花糠雨なれど降りつゞけ/野村喜舟

栗の花糧道いまも城をさす/大峯あきら

栗の花脚の長さは尚ほ仔馬/中村草田男

栗の花落ちて交錯してをりし/池田秀水

栗の花落ちて庭とも往来とも/高濱虚子

栗の花長者の森と人の呼ぶ/高橋/向山

栗の花風にもつるる水の上/猿橋統流子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ