季語/寒波(かんぱ)を使った俳句

「寒波」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「寒波」について

【表記】寒波

【読み方】かんぱ

【ローマ字読み】kampa_

子季語・関連季語・傍題・類語など

・寒波来る(かんぱくる:kampakuru)

・冬一番(ふゆいちばん:fuyuichiban)

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の天文」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

寒波を含む俳句例

寒波来る明星金の翼揺り/相馬遷子

白壁に濁の一点寒波来る/橋本榮治

寒波来て遠山白し秋彼岸/相馬遷子

寒波来鮟鱇肝を値打とし/鈴木真砂女

寒波来川は細身にひるがへり/岡本眸

透明の寒波が重し夜の盆地/相馬遷子

ホッチキス紙を一噛寒波来る/後藤章

上弦の月やや傾ぎ寒波来る/大貫正子

寒波来し漆喰虫の松伐りて/茨木和生

力仕事寒波の中で鬼あばれ/細谷源二

古き佳きダンス曲鳴り寒波来/辻桃子

寒波来る丘に宇宙の観測所/遠藤和彦

牛乳壜微塵に破れ寒波来/一力多美子

寒波くる鳥のかたちに鳥の群/益田清

煎餅の乾きし音や寒波来る/石川文子

寒波来と燃え渋るなる朝竈/石塚友二

橋と川いつも直角寒波来る/橋本榮治

寒波来て星座の歩み乱れなし/山本歩禅

寒波来桜は樹皮につつまれて/高澤良一

寒波来る硝子積まれて海の色/河村静香

俳句例:21句目~

寒波来目刺一連艶張り合ふ/森井夕照子

勤めに出る子を目送す寒波来/日野草城

岬鼻に夕日つかの間寒波来ぬ/伊藤京子

木の瘤に力満ちをり寒波来る/橋本榮治

札幌の空みづいろに寒波来る/鈴木一子

寒波くる枕に耳を押しあてて/対馬康子

磨きゐし薄手グラスや寒波晴/能村研三

空よりも海の眩しき寒波来る/西村和子

豆腐屋の水の真四角寒波来る/橋本榮治

駅伝の走者寒波に護られて/百合山羽公

寒波来こゑを失くして息を吐く/岸田稚

寒波来し病院にあり骨撮す/田川飛旅子

しんしんと寒波来し夜の鴨の声/山谷春潮

愚かなりし月日寒波の嶺せめぐ/堀口星眠

手放しに命は惜しめ寒波来る/殿村菟絲子

硝子負い寒波の天を映しゆく/田川飛旅子

受験子のたてじわ厳し寒波来る/奈良文夫

寒波きぬ信濃へつづく山河澄み/飯田蛇笏

寒波きぬ信濃へつゞく山河澄み/飯田蛇笏

着陸機寒波に耐へてインドより/大島民郎

俳句例:41句目~

寒波来るや山脈玻璃の如く澄む/内藤吐天

寒波来て小鳥の森へ沁みゆけり/大島民郎

寒波急日本は細くなりしまゝ/阿波野青畝

疲れたる髪膚に寒波来りけり/徳永山冬子

寒波来と酒田の雄獅子耳を立て/中村苑子

居坐りし寒波馬鈴薯植ゑにけり/堀口星眠

寒波来ぬ空に微塵の汚を許さず/相馬遷子

寒波来る買出し籠は竹で編み/鈴木真砂女

箸立てにぎっしりと箸寒波来る/清水衣子

通勤者の背をかげりすぐ寒波光/石原八束

寒波来る虎河豚は斑を誇りとし/鈴木真砂女

寒波来て燻つてゐるたばこの火/大江まり江

パリからの絵葉書寒波来たるらし/佐野典子

寒波来ぬ月光とみに尖りつゝ/竹下しづの女

ブローチに鋭き針のあり寒波来る/朝日勝子

寒波に舟波ふるる音の夜々/飛鳥田れい無公

寒波来や外套のボタンつややなる/椎橋清翠

仮住みの寒波いたらぬところなし/千代田葛彦

寒波来とラジオも今日のひと日終ゆ/岸風三楼

小さき小さき母を死なせて寒波去る/今瀬剛一

俳句例:61句目~

寒波来ぬわれらもの言ふ口とがらせ/細谷源二

寒波幾日屋根替へすすむ煤の中に/八幡城太郎

萱わけて眼は寒波にひかれをり/飛鳥田れい無公

寒波来し昨日としもなし芝に坐す/竹下しづの女

開墾の木株がくつがえつていて寒波/吉岡禅寺洞

寒波にただよひはてて炭の欠け/飛鳥田れい無公

鵜が占めて寒波にをどるブイひとつ/佐野まもる

寒波来るきのふのぶんも今日晴れて/いのうえかつこ

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ