季語/ストーブを使った俳句

「ストーブ」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「ストーブ」について

【表記】ストーブ

【読み方】すとーぶ

【ローマ字読み】sutobu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・石炭ストーブ(せきたんすとーぶ:sekitansutobu)

・石油ストーブ(せきゆすとーぶ:sekiyusutobu)

・ガスストーブ(がすすとーぶ:gasusutobu)

・電気ストーブ(でんきすとーぶ:denkisutobu)

季節による分類

・「す」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

ストーブを含む俳句例

退出を更に暖炉に語るかな/悟空

幻想にありて煖炉の炎青/上野泰

売初や町内一の古暖炉/高浜虚子

暖炉燃え眼前の湖すぐ曇る/桂信子

煖炉過熱臓透け泳ぐ熱帯/内藤吐天

初暖炉聖晩餐の絵の下に/亀井糸游

暖炉焚く夫と降誕祭の朝/仙田洋子

我庵の暖炉開きや納豆汁/正岡子規

雪国の雪の話や暖炉もゆ/宮本とよ

詩の授業暖炉に適温保たせて/楠節子

ストーブの錆色囲み夜学生/齋藤愼爾

ストーブの音のみ会議沈黙す/森田峠

街越ゆる鴎に煖炉撤しけり/佐野良太

落椿投げて煖炉の火の上に/高浜虚子

ストーブも駅長室も昔めく/京極杞陽

胸像の月光を愛で暖炉焚く/飯田蛇笏

病室の煖炉のそばや福寿草/正岡子規

個別面読の煖炉をくべ足しぬ/樋笠文

ストーブや安楽椅子の置処/吉野牛南

湖の月に冷え来て煖炉焚く/田中せ紀

俳句例:21句目~

消燈の鐘鳴り渡る暖炉かな/子規句集

水仙に偲び煖炉に語るべく/山田弘子

ストーブを囲む渡船の国訛/野村つる

黄昏の祈り今なる暖炉かな/尾崎迷堂

抱へ来し薪は白樺煖炉燃ゆ/倉田晴生

ユダヤ教会ストーブの黒煙/辻田克巳

日曜日煖炉納めて庭に出づ/中谷朔風

電流のストーヴ感情殺しづめ/楠節子

婉然と偽画美しく暖炉燃ゆ/青木重行

大舷の窓被ふある暖炉かな/芝不器男

持船の大額かゝる煖炉かな/鈴木花蓑

ガス煖炉袴つけたる老教授/大道子亮

売り急ぐ館の暖炉納めけり/田中良次

抵抗を感ずる熱き煖炉あり/後藤夜半

凩や煖炉にいもを焼く夜半/子規句集

階段を上る音煖炉燃ゆる音/高木晴子

簡単な食事ストーブ蓄音機/京極杞陽

凍光に放心の刻ペチカもゆ/飯田蛇笏

ストーブを少し細めに死の話/鈴木鷹夫

答案をくぶストーヴの野暮な蓋/楠節子

俳句例:41句目~

ストーブを焚きて窓開け鳥曇/原田青児

雪つけて這入りきし犬駅煖炉/美馬風史

駅煖炉そこより農地見え渡り/依田明倫

駅煖炉添乳の胸をはだけたる/依田明倫

小切手の額面たたむ暖炉の前/椎橋清翠

ペーチカに蓬燃やせば蓬の香/沢木欣一

ペーチカに鶏も遊べり聖家族/沢田経生

暁のペチカぬくきがうれしけれ/伊藤凍

すはだかに裘まとふ煖炉かな/西島麦南

ストーブにビール天国疑はず/石塚友二

玻璃の海全く暮れし煖炉かな/杉田久女

一日の一人の時の煖炉燃ゆ/青葉三角草

人形をみな裸にす暖炉の前/田川飛旅子

他郷にて駅の煖炉にすぐ寄らず/桂信子

別れ霜煖炉の灰を捨てに出る/内藤吐天

夜の海見て来て寄れる煖炉かな/安住敦

大臣の官舎に行けば暖炉かな/籾山柑子

客一人駅員ひとり暖炉燃ゆ/福井まつえ

ストーブに石炭をくべ夢多し/細見綾子

宿暖炉いか舟の灯を窓に嵌む/牧野寥々

俳句例:61句目~

少し遠ざけし煖炉を頼みとす/後藤夜半

教室に据ゑて煖炉はまだ焚かず/樋笠文

ストーブに逡巡の刻流れゆく/斎藤道子

暖炉昏し壷の椿を投げ入れよ/三橋鷹女

暖炉焚くは母の仕事よ山籠り/高村遊子

ストーブの中の炎が飛んでをり/上野泰

ストーブの前綾取りの赤の糸/細砂絹江

暖炉燃え河童天国満たしをり/皆川白陀

ストーブの噂話に加はらず/高木/桐舎

ストーヴにビール天國疑はず/石塚友二

暖炉燃ゆ夜は女のいきいきと/須賀一恵

教会の石油ストーブ出揃ひし/綾部仁喜

暖炉燃ゆ男の爪のかたきかな/谷口桂子

楯突かれ教師は悲し煖炉燃ゆ/木村蕪城

ストーブの炎に身投げせる瞳/櫂未知子

煖炉もゆ少女と交す言葉得て/原田青児

煖炉昏し壺の椿を投げ入れよ/三橋鷹女

ストーブの赤き炎が睡魔かな/岩崎照子

煖炉燃ゆ古城めく館中心部/成瀬正とし

煖炉燃ゆ犬廃帝のごとくゐて/藤岡筑邨

俳句例:81句目~

煖炉納めて今日が暮れにけり/木村恊子

窓々の夕焼消えし暖炉かな/大場白水郎

窓外の枯野見てゐる煖炉かな/野村泊月

聖母像高し煖炉の火を裾に/中村草田男

花冷の暖炉乱舞といふ火なり/皆吉爽雨

荒金の煖炉かげろふ茂吉の死/平畑静塔

蠅生る触れて暖炉の冷たかり/石川桂郎

ストーブに温まりゐし手と握手/星野立子

しばるるや夜通し守る煖炉これ/石川桂郎

ハーレムの女の寄りし暖炉とや/山田弘子

暖炉燃え妻とわが息窓濡す/久保田月鈴子

アトリエは吾の別宅煖炉燃ゆ/嶋田摩耶子

暖炉焚くのみの奢りや三ヶ日/殿村菟絲子

暖炉焚くけむり背山を寂しくす/堀口星眠

暖炉灼く夫よタンゴを踊ろうか/三橋鷹女

悲しみを互にいはずストーヴに/星野立子

八十八夜控への暖炉残しをり/和田千恵子

明日こそ暖炉納むと寝にけり/工藤眞智子

日本のオリーブの木と暖炉かな/依光陽子

滅びゆく階級きみのペチカ燃ゆ/八木博信

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ