季語/雪女(ゆきおんな)を使った俳句

「雪女」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「雪女」について

【表記】雪女

【読み方】ゆきおんな

【ローマ字読み】yukionna

子季語・関連季語・傍題・類語など

・雪女郎(ゆきじょろう:yukijoro)

・雪鬼(ゆきおに:yukioni)

・雪坊主(ゆきぼうず:yukibozu)

・雪の精(ゆきのせい:yukinosei)

・雪男(ゆきおとこ:yukiotoko)

季節による分類

・「ゆ」で始まる冬の季語

・「冬の天文」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

雪女を含む俳句例

板塀の求人票や雪女/徳丸峻二

扮装も仮粧も風の雪女/高橋龍

神鳴の腹がはりなり雪女/沾木

雪女土間に雫の跡残す/荒井英子

雪女先立つ暮坂峠越ゆ/伊東宏晃

指という指細長き雪女/二村典子

鏡閉づ鏡の奥へ雪女郎/木内怜子

雪女旅人雪に埋れけり/子規句集

結綿に蓑きて白し雪女郎/泉鏡花

浅間鳴る嬬恋村の雪女/石原八束

山の湯やふと囁ける雪女郎/磯直道

赤子泣く家を覗きて雪女郎/石嶌岳

雪女郎に恋はありけり寒椿/中勘助

酔かなし雪女かも吾妹かも/京五紅

雪女郎枕の中を通りけり/鷹羽狩行

新しき雪の降る夜の雪女/後藤夜半

雪女めく就中汝が二皮瞼/清水基吉

はるの雪女の裾にふりきゆる/長翠

雪女母にも見えて母恋し/高橋秋郊

雪女郎入れず戸口吹溜る/太田土男

俳句例:21句目~

炉話に招きてみたし雪女/伊東宏晃

雪女入ってゆきし雪の堂/前山久子

窯守の仮寝の小屋へ雪女/高野千代

雪女郎狂へば雪が狂ひ出す/檜紀代

三日月の櫛や忘れし雪女/佐藤紅緑

馬塊が原たそがれこはし雪女/露沾

魂のぬけて急ぐや雪女郎/安田蚊杖

余生には能面ほしき雪女/田中君恵

春浅し梅様まゐる雪をんな/泉鏡花

美しき汗をかくなり雪女/松浦敬親

子守唄風に遊ばせ雪女郎/今泉貞鳳

密会は黄昏が良し雪女郎/佐川広治

雪女郎の銀の簪拾ひたる/田中冬二

雪女郎湖が凍らば通ひ来む/西村和子

雪女郎棺に遠く立ちにけり/高橋栄子

立てば雪女郎坐れば遣手婆/鷹羽狩行

笹飴やいとけなかりし雪女郎/森澄雄

雪女郎星瞬きをやめしとき/菊池滴水

雪女郎古き時計が夜を刻み/大津希水

雪しろを流れ去りゆく雪女/柴田奈美

俳句例:41句目~

ガラス玉これ雪女の義眼です/橋本薫

ワープロの最後の文字は雪女/東珠生

雪女郎喚きて村の歪みたる/鈴木光彦

雪女となり母の魂遊べるや/山田弘子

吹雪く夜は小窓覗くと雪女/国井月皎

蒲団重くなりしは妻か雪女か/神蔵器

死は遠く近く明治の雪女郎/河野南畦

死角より躙り寄りたる雪女/柴田奈美

錦鯉は夜がくるまでの雪女/尾崎喜八

山深く鴉連れ去る雪女郎/加藤知世子

涅槃雪女性ま白き芯に燃ゆ/高澤晶子

雪女炎の色は見せぬなり/櫛原希伊子

新しき家へみしりと雪女郎/野沢節子

肩の荷のにはかに重し雪女/小原啄葉

雪女見しより瘧をさまらず/真鍋呉夫

契りきしゆゑ火影ひく雪女/石原八束

四月の雪女神に詣で余生感/角川源義

道ならぬ道を迷はず雪女郎/木内怜子

雪女白糸滝に入りしといふ/萩原麦草

雪女郎狼山のうしろより/佐藤惣之助

俳句例:61句目~

雪女郎美女を描くといふ掟/庄子紅子

雪女郎金襴緞子洗ひをる/佐々木六戈

雪女郎銀の半襟してゐたり/原田青児

雪女郎高野の僧とすれ違ふ/三好潤子

雪女鉄瓶の湯の練れてきし/小川軽舟

雪女音なく香なく過ぎしなり/三谷昭

雪山のどのみちをくる雪女郎/森澄雄

雪女まぎれてゐたり上野駅/黛まどか

峡深く鴉つれ去る雪女郎/加藤知世子

黒塚の月と遊べり雪女郎/櫛原希伊子

梅が香や何所へ吹かるる雪女/千代尼

木枕の真中の凹み雪をんな/後藤綾子

白狐いや雪をんな邪鬼一瞬/大里泰照

良寛と遊んでしまふ雪をんな/小島健

窓の雪女体にて湯をあふれしむ/桂信子

篠竹を曳きしあとあり雪女郎/山本洋子

紅きもの欲り且つ怖れ雪女郎/鷹羽狩行

道ゆづりしは雪女かも知れず/鷹羽狩行

五箇山の明り障子の雪女郎/古戸ふき子

雪女ねむり薬を買ひにくる/八牧美喜子

俳句例:81句目~

雪女夜は間引子の墓を守り/八牧美喜子

雪女彳たせし井水汲みにけり/石川桂郎

雪女郎になりて逢ひたき幾佛/関戸靖子

雪女郎に逢ひに戻りし湖の国/関戸靖子

雪女郎の眉をもらひし程の月/山田弘子

雪女郎まなこの底の蒼かりし/西村和子

雪女郎恋文氷柱のペンで書く/黒田杏子

あをあをと鶴を織りゐる雪女/有馬朗人

こけし未だ白面雪女来て覗く/有馬籌子

雪女郎真北へ伸びる岬かな/大峯あきら

この夜道誰かに逢はば雪女郎/福田蓼汀

雪女郎近づく跫音聞きとめん/小林康治

雪女郎遠き町の灯あつまれる/田中冬二

すいときて眉のなかりし雪女郎/森澄雄

みちのくの雪深ければ雪女郎/山口青邨

わが胸にいまもかくまふ雪女/岡本輝久

五番街に堕天使あるいは雪女/五島高資

夜雪積む雪女郎こそ恐ろしや/小林康治

奥阿蘇の妹許にして雪女郎/大久保橙青

小説を脱け出して哭く雪女/阿波野青畝

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ