季語/鐘供養(かねくよう)を使った俳句

「鐘供養」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鐘供養」について

【表記】鐘供養

【読み方】かねくよう

【ローマ字読み】kanekuyo

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「か」で始まる春の季語

・「春の行事」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

鐘供養を含む俳句例

畑打や木の間の寺の鐘供養/蕪村

向山の高みにさくら鐘供養/森澄雄

悪相の僧が仕切りて鐘供養/大牧広

灘の風夕雲みだす鐘供養/宮島水鵞

鐘供養繰り返さるゝ物語/高木晴子

品川の宿に古る寺鐘供養/今井つる女

山伏は貝を吹くなり鐘供養/高濱虚子

昼月のかゝれる空や鐘供養/下村天児

紅煙吐く張子の大蛇鐘供養/小路日照

絶間なく鳥の声降る鐘供養/江隈順子

胸の母いまも若しや鐘供養/澤村昭代

虚子の世の余韻今生き鐘供養/林克己

鐘供養すみし御寺に追寄進/市川虚空

鐘供養一つ大きく撞き納む/野村久雄

鐘供養行春の季に適ひたり/高木晴子

雫にはならぬ小雨や鐘供養/平山路遊

一つ撞き我も仏弟子鐘供養/大橋櫻坡子

火を噴きし大蛇畳まる鐘供養/大森/宏

紀の海の沖波ひかれ鐘供養/成瀬櫻桃子

花にやゝ遅れたれども鐘供養/高浜虚子

俳句例:21句目~

鐘供養大蛇なかなか現はれず/嶋杏林子

鐘供養安珍逃げし地道無し/津村浅次郎

鐘供養山高からず低からず/玉出雁梓幸

鐘供養逃げゆく男双手上げ/成瀬櫻桃子

撞きあまるはずみの鐘の鐘供養/大橋杣男

松風のうすれうすれぬ鐘供養/大峯あきら

しばらくは鳥のこゑのみ鐘供養/喜多みき子

紫雲英田を駆けて来るなり鐘供養/茨木和生

鱗ひとつ眼より落ちたり鐘供養/沢田しげ子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ