季語/田螺(たにし)を使った俳句

「田螺」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「田螺」について

【表記】田螺

【読み方】たにし

【ローマ字読み】tanishi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・大田螺(おおたにし:otanishi)

・丸田螺(まるたにし:marutanishi)

・長田螺(ながたにし:nagatanishi)

・姫田螺(ひめたにし:himetanishi)

・山田螺(やまたにし:yamatanishi)

・角田螺(つのたにし:tsunotanishi)

・田螺売(たにしうり:tanishiuri)

・田螺取(たにしとり:tanishitori)

・田螺鳴く(たにしなく:tanishinaku)

季節による分類

・「た」で始まる春の季語

・「春の動物」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

田螺を含む俳句例

裏町や声見失ふ田螺売/文雅

苗代の田螺を拾ひ絶しけり/西友

花曇り田螺のあとや水の底/丈草

春陰や眠る田螺の一ゆるぎ/石鼎

田螺見えて風腥し水のうへ/太祇

文珠の蛙維摩の田螺かな/会津八一

田螺みへて風腥し水のうへ/炭太祇

背戸中は冴え返りけり田螺殻/丈岬

泥深き小田や田螺の冬籠/正岡子規

引鳥の中にまじるや田螺取り/支老

田螺取指一寸のあそびかな/神蔵器

直会に田螺料理や田螺祭/久垣大輔

なつかしき津守の里や田螺和/蕪村

母の忌の一思ひ出や田螺和/野田武

民宿の椀の重さよ田螺汁/小路紫峡

鳴田螺鍋の中ともしらざるや/一茶

水広き筑波郡の田螺かな/小杉余子

白鳳の塔の真下の田螺かな/宮岡計次

田螺鳴く後ろ姿の父追へば/西村博子

田螺鳴く夕淋しや彼岸道/岡本癖三酔

俳句例:21句目~

田螺田に律宗門を開きたる/皿井旭川

田螺田にまだ雪残る奥越後/金山有紘

田螺寺げん~寺の涅槃かな/野村喜舟

田螺ゐて水田に赤き星懸る/八木斌月

水田は古代の遺跡田螺這ふ/高橋悦男

田螺和浪花の春の片はづれ/松瀬青々

朝刊の色刷田螺出たるかな/増山美島

田螺和小声語りの母は亡し/河野南畦

水面這ふ虫に田螺の大雁塔/高澤良一

歩むときの田螺悉く歩みをり/瀧春一

伊賀越えの話も出たり田螺和/森田峠

夷斉に傚ふなと拾ふ田螺かな/龍岡晋

草刈の浸し砥石に田螺付く/太田土男

借りて履く長靴大き田螺取/大上充子

熊笹に立てる看板たにし飯/京極杞陽

牛市や二夜とまりて田螺和/中川四明

動くとも見えぬ田螺の歩みかな/維駒

南に江水走る田螺かな/長谷川零餘子

台風の塔の真下の田螺かな/宮岡計次

水口に田螺太らせ藺田の雨/木村風師

俳句例:41句目~

喜寿の兄古稀の弟田螺鳴く/今村/薫

水口に遊ぶ田螺も祭りかな/宮川庚子

水口に集まつて来る田螺哉/正岡子規

泥けむり恋の田螺の蠢きて/辻田克巳

引水の柱にのこる田螺かな/会津八一

真言の門前にして田螺売る/岸本尚毅

水底の水のつめたき田螺取/白岩三郎

鳥の嘴田螺が空を飛びにけり/大串章

風騒ぐ水田の浪の田螺かな/野村喜舟

風の越乾きて白き田螺かな/長谷川櫂

隣る田へ行かむと田螺発心す/小澤實

鍬濯ぐ水や田螺の戸々に倚/蕪村遺稿

彼岸から続く日和や田螺取/増田龍雨

蛭泳ぐ余呉湖の田螺蜷黒し/右城暮石

藪がかぶさつてあらい田螺/喜谷六花

ある日枝紅葉はじまる田螺かな/上村占

水入れて近江も田螺鳴くころぞ/森澄雄

水口を祭り田螺を拾ひけり/滝沢伊代次

水漬田に田螺が描く古代文字/滝谷/章

沸沸と田螺の国の静まらず/松本たかし

俳句例:61句目~

こめかみの肯ひゐたる田螺和/大橋敦子

洋々の雲を追はむと田螺這ふ/奥坂まや

温泉がまじり流れて田螺育ちつゝ/篠原

濛々と田螺茹でたる一間かな/岸本尚毅

しのび音も泥の中なる田螺哉/永井荷風

田螺ころ精舎の鐘の聞ゆるや/福田蓼汀

田螺とる出羽の童のかぞへ唄/岩田昌寿

田螺の子田螺の母を蝕ばみぬ/栗生純夫

田螺取る妹が泥手の若さかな/松瀬青々

田螺取勿来を過ぎてゐたりけり/齋藤玄

田螺売加茂の上瀬を渉りけり/松瀬青々

田螺汁鍋椀に闇まつはりぬ/山崎和賀流

田螺買ふ遠母病みてゐ給へば/小林康治

田螺這ふ祖母は終生農婦にて/斎藤由美

ほろ苦さ口になじみて田螺和/稲畑汀子

田螺鳴き亀応ふべき逢魔時/相生垣瓜人

ゆく春の田螺ほろりと沈めけり/小島健

田螺鳴く体を折つて笑ひ出す/仙田洋子

田螺鳴く夜を試験に落ちし子と/太田嗟

天竺は風の世のいろ田螺鳴く/三森鉄治

俳句例:81句目~

畦跳んで田螺に土をこぼしたる/大串章

石蹴つて田螺の鬱を感じをり/谷口桂子

二三十の目高に田螺一つかな/石井露月

祭どき田螺ひろひが田を渉る/松村蒼石

藪が吐く月なつかしや田螺和/石田波郷

谷戸の田や日向拾ひに田螺取/石川桂郎

辛口の地酒に噛めり田螺和/瀧澤伊代次

凶作の蜷も田螺も腹が立つ/中田みづほ

吾にありて田螺に時間なき如し/有働亨

道端に笠かむせある田螺篭/大野多美三

地震ありて田螺の歩み逡巡す/内山亜川

難波津や田螺の蓋も冬ごもり/松尾芭蕉

塩ゆでの田螺の味を忘れけり/岡本高明

売捨に出るやきのふの田螺取/横井也有

山晴れの夜に出会へば田螺和/岡井省二

擂鉢に田螺なくなり妻の留守/会津八一

晩年や田螺つぶやき蜷呆け/百合山羽公

景政が片目をひろふ田螺かな/榎本其角

暁の星田螺や蜷の水に消ゆ/百合山羽公

東より西に過ぎたる田螺かな/石井露月

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ