季語/桜貝(さくらがい)を使った俳句

「桜貝」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「桜貝」について

【表記】桜貝

【読み方】さくらがい

【ローマ字読み】sakuragai

子季語・関連季語・傍題・類語など

・紅貝(べにがい:benigai)

・花貝(はながい:hanagai)

季節による分類

・「さ」で始まる春の季語

・「春の動物」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

桜貝を含む俳句例

石原や鮠の腸ぬく萩の花/貝寿

桜貝長き翼の海の星/波多野爽波

貝細工その花弁の桜貝/福田蓼汀

桜貝帝は水にあり今も/須原和男

現し世の今美しや桜貝/後藤夜半

一二三四五六七八桜貝/角田竹冷

砂も亦美しきかな桜貝/高濱虚子

櫻貝片方忘じ易く候/佐々木六戈

学海に餘滴てふもの櫻貝/田中裕明

熱高き子の耳たぶと桜貝/仙田洋子

心うちしめりて拾ふ桜貝/後藤夜半

現し世のいま美しや桜貝/後藤夜半

真珠より大切な日を桜貝/能美澄江

拾はれて海遠くなる桜貝/松田美子

秘めてよき女の色の桜貝/後藤夜半

胸の内に崩るる濤よ桜貝/野村喜舟

春寒や貝の中なる櫻貝/松本たかし

貝よせやちりしく許り桜貝/車/庸

身の上の相似て親し桜貝/杉田久女

遠浅の水清ければ桜貝/上田五千石

俳句例:21句目~

桜貝の如き耳してお初釜/青野きみ

別に子細なき信心の櫻貝/田中裕明

さくら貝透きて生命線の上/長田等

桜貝は遺骨八月十五日/櫛原希伊子

桜貝包まうとする紙に風/上野章子

ひく波の跡美しや櫻貝/松本たかし

鳴き砂の中より拾ふ桜貝/瀬並久子

桜貝拾ひしことも昔かな/高濱年尾

桜貝月に育ちし紅濃ゆし/橋本鶏二

桜貝波打ち際は程遠し/高橋淡路女

二三枚重ねて薄し櫻貝/松本たかし

桜貝海の蓮華と拾ひけり/大橋敦子

桜貝耳に当つれば囁けり/永田市平

桜貝耳に忘れてゆく故郷/二村典子

櫻貝母と拾ひし夢に見し/羽野蕗村

原発を見て桜貝拾ひけり/先野信子

櫻貝過去の人ほど鮮かに/古舘曹人

浜の砂まだ冷たけれ桜貝/中村汀女

海の傷もたぬものなし櫻貝/檜紀代

海蝕の桜貝寄す岸を往く/対馬康子

俳句例:41句目~

桜貝熟寝子の手に波ひびき/池松昌子

空青すぎて桜貝こはれさう/黛まどか

掌に享けて掌と同色の桜貝/伊藤夜鴨

いづれかを選べ馬鹿貝桜貝/櫂未知子

桜貝おけば机上に風生まれ/今瀬剛一

桜貝かざせば空の広さかな/山本歩禅

若き日は手紙もいのち桜貝/中嶋秀子

桜貝西風に和泉の海荒れて/茨木和生

波の秀のかたみか淡き桜貝/栗原政子

波去れば波に想ひや桜貝/田中松陽子

桜貝一握の砂とはかなけれ/福田蓼汀

桜貝ゆら~波が打ち上げし/細見綾子

桜貝妻の歯端も透くごとく/香西照雄

桜貝ひろひ考へ出稼ぎ女/加藤知世子

波ひきし砂金の中の桜貝/野見山朱鳥

桜貝小さき波にくつがへり/西村和子

われもゐし妻の若き日桜貝/大屋達治

ルナールの言葉を探す桜貝/岩崎照子

桜貝波にものいひ拾ひ居る/高浜虚子

二枚貝なりし閉ざせる桜貝/後藤夜半

俳句例:61句目~

淡路島手にとる近さ桜貝/田畑美穂女

初凪やかがめばありし桜貝/山本歩禅

桜貝島の女として果てむ/村中/美代

桜貝二枚の羽を合せけり/阿波野青畝

背の高き彼が見つけぬ桜貝/岩崎照子

桜貝灯台のガラス緑濃く/田川飛旅子

桜貝大和島根のあるかぎり/川崎展宏

引く波の引くたび残し桜貝/鷹羽狩行

砂よりもはやく乾いて桜貝/今瀬剛一

あざやかに沖荒れそめぬ桜貝/藤木倶子

桜貝ひとつ拾ひてひとつきり/三村純也

いつの世の乙女白歯そ桜貝/佐藤惣之助

うすき~ふところ紙に桜貝/高田つや女

うすべにはもの想へとや桜貝/山田弘子

さくら貝拾ひあつめて色湧けり/上村占

櫻貝恋の座おもひ拾ひけり/加藤三七子

桜貝踏みつつ実朝忌とおもふ/須川洋子

波足のゆるきときあり桜貝/鈴木美根子

さくら貝恋路が浜に拾ひけり/吉田冬葉

紀の海の波より生れし桜貝/田畑美穂女

俳句例:81句目~

膳の上にくへぬものあり桜貝/正岡子規

さびしさに桜貝舐め紅濃くす/山口青邨

わだつみの詩片なるべし桜貝/大谷長平

桜貝映画のやうな恋は無く/真田/清見

汐干よしその桜貝玉藻かな/岡本癖三酔

抽出しの中にさざなみ桜貝/ほんだゆき

夜が明けてまた夜が明けて桜貝/有働亨

夜が開けてまた夜が明けて桜貝/有働亨

女一途に産まんとするや桜貝/作間正雄

雪あれのあとやより来し櫻貝/松瀬青々

桜貝手に巻貝はポケットに/橋本美代子

拾はれてよりの仕合せ桜貝/後藤比奈夫

掌に乗せてまぎるゝ色の桜貝/堀川錦星

桜貝さびしくなれば沖を見る/福田蓼汀

桜貝見尽くしたれば磯に戻す/浦野芳南

おなじ波おなじ日は来ず桜貝/小橋千夏花

うらがへしてもつぶやかぬ桜貝/近藤七代

さくら貝黙うつくしく恋しあふ/仙田洋子

乾し上げし海蘿に小さき桜貝/高野あや子

初さくら貝むらさきに山きゆる/角川春樹

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ