季語/蟹(かに)を使った俳句

「蟹」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「蟹」について

【表記】蟹

【読み方】かに

【ローマ字読み】kani

子季語・関連季語・傍題・類語など

・小蟹(こがに:kogani)

・沢蟹(さわがに:sawagani)

・隠蟹(かくれがに:kakuregani)

・葦原蟹(あしはらがに:ashiharagani)

・赤手蟹(あかてがに:akategani)

・弁慶蟹(べんけいがに:benkeigani)

・岩蟹(いわがに:iwagani)

・磯蟹(いそがに:isogani)

・蟹の子(かにのこ:kaninoko)

・砂蟹(すながに:sunagani)

・泥脚蟹(どろあしがに:doroashigani蟹no子)

・蟹の穴(かにのあな:kaninoana)

・蟹の泡(かにのあわ:kaninoawa)

季節による分類

・「か」で始まる夏の季語

・「夏の動物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

蟹を含む俳句例

酒からし花橘に蟹の脚/樗良

大皿に越前蟹の畏る/檜紀代

入梅や蟹かけ歩く大座敷/一茶

蛸追へば蟹も走るや芋畠/太祇

夕雨やをかに出揃ふ蟹の穴/暁台

近浦も相模も雨の虚蟹/佐藤鬼房

貧厨や川蟹乾く籠の中/木下夕爾

蟹漁の雨脚白し最上川/高澤良一

裘着て犬くさき蟹工女/三戸杜秋

盤台の椹平葉に松葉蟹/水原春郎

沢蟹と一年生は水の中/中山保夫

兜蟹交り兜の音もなし/和知喜八

短か夜や芦間滝るる蟹の泡/蕪村

蟹が肩怒らす方の鋏大/田畑比古

沢蟹の大小しづむ秋の水/中田剛

水仙や捨てて嵩なす蟹の甲/民郎

浦風に蟹もきにけり芋畠/炭太祇

禅堂へ入らむ蟹の高歩き/飴山實

纜を岩に渡して蟹捕舟/高澤良一

城崎に雪雫して蟹豆腐/松瀬青々

俳句例:21句目~

紺青の蟹のさみしき泉かな/青畝

醉蟹や新年会の残り酒/正岡子規

酔蟹や新年会の残り酒/正岡子規

ぎしぎしや弁慶蟹の栖処/籾山梓月

蟹穴を佛の通る詣り墓/八牧美喜子

磯はたや蟹木に上る五月雨/森鴎外

短夜や芦間流るる蟹の泡/與謝蕪村

松葉蟹雪一尺の地に括る/松瀬青々

入日より紅き蟹並ぶ寺泊/折井醜琴

蟹捉へ春の夜に鳴る紙袋/斉藤夏風

片爪の蟹這ふ八月十五日/木内彰志

冬灯蟹の甲羅はキチン質/高澤良一

蟹奔らせ青嵐到る巾着湾/高澤良一

新涼や蟹のさ走る能舞台/吉田鴻司

蟹啖ふ秋の裸灯低く吊り/小林康治

蟹の骸蟇の骸に水草生ふ/山口青邨

蟹の背に月満ちくればひく潮/原裕

燈台は砂上の櫓蟹寄せて/古舘曹人

小春日や潮より青き蟹の甲/秋櫻子

蟹の瞳に似て海棠の群蕾/酒井鱒吉

俳句例:41句目~

爆音は編隊蟹が続々と/八木三日女

せいこ蟹蟹丼にして唐錦/高澤良一

蟹さくと門前街の片時雨/巌谷小波

初旅の膳に両眼立てて蟹/亀井糸游

朝涼の白波に蟹まろびけり/大串章

燈台は雨後の白骨蟹走り/古舘曹人

山峡に沢蟹の華微かなり/金子兜太

待宵の濡れ岩隠り蟹の爪/高澤良一

浅間山蟹棲む水の滴れり/前田普羅

深海の松葉蟹とて甘かりし/星野椿

足高に涼しき蟹のあゆみかな/木因

沢蟹の鋏もうごくなづなかな/蓼太

越前の雪の匂ひの夫婦蟹/猿山木魂

春陰の蟹の目うごく忘れ潮/中拓夫

岩蟹に飯粒沈め旅行くよ/中島斌雄

葵など咲きて研究室の前/元松蟹春

島海苔もそへてくれけり蟹胥/雲良

名月や汐みちくればさゞれ蟹/蓼太

まつ宵や招き合ひたる田打蟹/車庸

赤き蟹横這ひ急ぐ走馬燈/福田蓼汀

俳句例:61句目~

花冷の小蟹愛しむ漢の掌/渡辺恭子

美しき蟹あり酒を温むる/高野素十

渡し場や初汐逼る蟹の穴/寺田寅彦

下り簗蟹現れて鮎を喰ふ/花島一歩

鴨足草山神蟹を彩りぬ/松根東洋城

やや乾く蟹の甲羅や夕霞/永井龍男

鉤打ちて花咲蟹と女云ふ/井桁蒼水

大膳に越前蟹の雌雄かな/磯野充伯

塵芥夫凍て蟹殻の紅こぼす/莵絲子

夏惜む蟹より紅く爪染めて/樋笠文

沢蟹に白頭映す家郷かな/金子兜太

蟹赤きさらさら川や芹の花/中勘助

沢蟹に花ひとひらの花衣/矢島渚男

秋風や甲羅をあます膳の蟹/龍之介

大皿に蟹のけむりぬ十三夜/村上鬼城

大笊に選り分けられし鱈場蟹/林周平

一斉に臼搗蟹のはじめけり/野村泊月

沢蟹の飯つぶ喰める桜かな/小川軽舟

沢蟹も雨にもみづる凹凸竄/高澤良一

沢蟹を伏せたる籠もみぞれゐる/龍太

俳句例:81句目~

泡の中蟹の何やら策しをり/高澤良一

波止埋めて糶待つ蟹や初霰/吉澤卯一

浄土ケ浜蟹の称ふるお念仏/高澤良一

海日の出蟹一斉に崖のぼる/内藤吐天

子の描く蟹の鋏のみな大き/伊東白楊

涼しさや松這ひ上る雨の蟹/正岡子規

家に来て蟹は鋏を使ひをる/寺沢一雄

渡り蟹甘藻の林はすかひに/高澤良一

かしこくて蟹は遁行汐干哉/松岡青蘿

火星近づく海が呟き蟹呟き/横山白虹

宿借蟹にやる飯粒や秋の風/宮武寒々

炎天の浜に火焚けば蟹隠る/内藤吐天

煤蟹や根雪明りに糶場うち/石川桂郎

熱燗や捨てるに惜しき蟹の甲/龍岡晋

牡丹雪やみ蟹売を地に貽す/宮武寒々

瓜刻む足もとに来て蟹可愛/富安風生

石菖の根に止まりぬ蟹の泡/柳川春葉

砂の蟹一つ見ゆれば無数見ゆ/内野修

磯屑蟹打ちて雨脚強くなる/高澤良一

磯蟹の甲羅を低く殿を越ゆ/古舘曹人

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ