季語/熱風(ねっぷう)を使った俳句

「熱風」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「熱風」について

【表記】熱風

【読み方】ねっぷう

【ローマ字読み】neppu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・炎風(えんぷう:empu)

季節による分類

・「ね」で始まる夏の季語

・「夏の天文」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

熱風を含む俳句例

小さな楽器の熱風が来る/五島瑛巳

熔鉱の熱風に揺れ飾歯朶/斎藤朗笛

熱風や若者に岩砕かれて/佐藤鬼房

蒼天熱風五所河原炎熱忌/黒田杏子

或る記憶熱風道の幅に来る/中島斌雄

熱風の街に満月ぎらぎらす/西村公鳳

熱風や小声に売れる宝籤/百合山羽公

熱風や砂にあまたの松の苗/長谷川櫂

友等夜勤の高炉へ太く熱風管/和知喜八

熱風が過ぎ近々と土星の輪/正木ゆう子

熱風の刹那に過ぎて野火始め/火村卓造

熱風の樹に倚り白き麺麭を食む/三谷昭

熱風の花火焔樹や何告げ得む/小池文子

熱風や祖国は簾さやかならむ/小池文子

熱風や黒をアラブの色として/日美清史

熱風傾斜し疾走バイク群都市/伊丹公子

砂丘馬車匂ふ熱風過ぐる度/竹中碧水史

蓮の葉へいづこより吹く熱風か/中田剛

涼風熱風こもごもいたる白河原/福田蓼汀

熱風に麦なびく麦の青はげしき/日野草城

俳句例:21句目~

熱風や眼灼かれ行くや夫に蹤き/小池文子

熱風や鶏が目ほそめ何かを見る/加藤楸邨

珊瑚樹は熱風の吹き入りしまま/岡田史乃

この熱風走る詩としてゴビを行く/加藤知世子

熱風の黒衣がつつむ修道女/中島斌雄「火口壁」

低い家に住み熱風の草を刈る毎日が仕事/橋本夢道

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ