季語/甘蔗刈(かんしょかり/きびかり)を使った俳句

「甘蔗刈」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「甘蔗刈」について

【表記】甘蔗刈

【読み方】かんしょかり/きびかり

【ローマ字読み】kanshokari

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「仲冬」に分類される季語

月ごとの分類

12月の季語

スポンサーリンク

甘蔗刈を含む俳句例

大鎌を荒使ひして甘蔗刈る/塩川雄三

紅型のいろの夕焼甘蔗刈る/中尾杏子

雲湧くへ白被り出て甘蔗刈/荒井正隆

左右の海展くるところ甘蔗刈/中島南北

甘蔗刈りの人夕焼に並びけり/諸石虎城

甘蔗刈りひきずつてくる道埃/白石峰子

甘蔗刈る遠見の人にのみ日ある/佃資夫

甘蔗刈つて赤土の丘現はるる/田上さき子

甘蔗刈るや島の陽炎はずみ出す/矢野野暮

甘蔗刈るや雲低くおく島の果/つじ加代子

甘蔗刈る夕映えなかき海を背に/井関昌子

基地にはさまれしこの村甘蔗刈る/岩崎照子

甘蔗刈つて一島低くなるごとし/元吉竹瓶子

甘蔗刈りの手斧に夕日とどまれり/島袋常星

甘蔗畑刈りつくされて起伏なし/深見けん二

甘蔗刈りの唄さざめきや甘蔗へだて/千代田葛彦

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ