季語/寒の水(かんのみず)を使った俳句

「寒の水」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「寒の水」について

【表記】寒の水

【読み方】かんのみず

【ローマ字読み】kannomizu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・寒九の水(かんくのみず:kankunomizu)

季節による分類

・「か」で始まる冬の季語

・「冬の地理」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

寒の水を含む俳句例

寒の水喉元を過ぎ大曲り/原裕

花絶えし壺拭き浄む寒の水/林翔

朝寒や寒水石の手水鉢/寺田寅彦

白やさぞな都は寒の水/高井几董

一徹の一志を通す寒の水/塙きく

一言で荒れる唇寒の水/高澤晶子

喜びの面洗ふや寒の水/前田普羅

大淀の源にして寒の水/西村和子

旋回の澱沈みゆく寒の水/如月真菜

掌の窪に死水ほどの寒の水/齋藤玄

行末や今こそ恃め寒の水/清水基吉

情念の身の寒水を渉り居り/桂信子

地下工場寒水通ふ管太き/細谷源二

汲かへていとゞ白さや寒の水/浮流

一矩形光通さぬ寒の水/佐々木六戈

林間に見通す日向寒の水/藤井孝子

古草履寒水に澄み聖農奴/香西照雄

寒の水不動明王浴び給ふ/小川千代

鮒跳んで苗代寒の水の上/岸本尚毅

寒の水喉越す辛口と思ふ/小倉涌史

俳句例:21句目~

寒の水百薬の長併せ飲む/大宮良夫

銭洗ふ新笊抜ける寒の水/村井信子

寒の水今日の終りの薬飲む/朝倉和江

寒水の韻き収めし壺の闇/鷲谷七菜子

梅女の足海草つけて寒水に/横光利一

寒の水怖る渕なす女の眼/柴田白葉女

礁上の寒水海苔を湛へけり/渡邊水巴

ひたひたと寒九の水や廚甕/飯田蛇笏

仏にも寒九の水をたてまつる/森澄雄

寒の水榊の影を折り畳み/佐々木六戈

寒の水湛へつくばひ一穢なし/林大馬

寒の水溢れる音を聞いてをり/星野椿

寒の水腹背の創いたみけり/小林康治

切昆布洒すや寒の水まけて/石塚友二

包丁の先より垂るる寒の水/加藤耕子

含嗽して舌の根甘し寒の水/石塚友二

寒の水荒使ひして鯉を切る/新田祐久

命あり家あり寒の水を飲む/坂田栄三

山吹の反り枝も蒼し寒の水/岩田昌寿

恙なき五臓六腑や寒の水/青木起美子

俳句例:41句目~

檻に猿をみて手に濺ぐ寒の水/竹中宏

歳寒の水みつ陶の梅もどき/石原舟月

現世のひと口漱ぐ寒の水/藤井冨美子

百薬の長にもまさる寒の水/福山英子

藺表へていねいに吹く寒の水/斉藤大

諸手つき墓洗ふべし寒の水/小林康治

金大鱗海の日に汲む寒の水/巌谷小波

麦芽ばえ寒の水舟運河ゆく/西島麦南

寒水に豆腐沈めしままの闇/赤尾恵以

寒水のひと口に勘とり戻す/多田菊葉

三寒の水甕に日のそだちをり/長谷川双

寒の水寒餅ひたしたくはへぬ/室生犀星

荒神に寒の水仕女燈をさゝぐ/西島麦南

焼跡に透きとほりけり寒の水/石田波郷

寒の水提げて漁船の中に消ゆ/大屋達治

寒の水飲み干す五臓六腑かな/細見綾子

寒水に楮をさらす身をさらす/松井利彦

一条入り一条あふれ寒の水/千代田葛彦

一滴の厳しさ寒の水にあり/深川正一郎

寒の水になひこぼせる閾かな/石原舟月

俳句例:61句目~

父の忌過ぐ皺みて窪む寒の水/小林康治

寒の水棒の如くに呑みにけり/藤松遊子

咽喉を落つ法悦に似て寒の水/小林康治

寒の水あびし巡査や玉せゝり/佐野不老

寒水を焚き汽罐車を野に放つ/細谷源二

寒の水あをあをとして吉野川/日野草城

寒の水泥酔漢をつたい落つ/鈴木六林男

寒水にうたれる行者遠く見ゆ/清水昭子

耳さときものも眠れり寒の水/久保純夫

寒水や裏ごしの糊まろやかに/三並蘭香

胃に落ちて甘さ戻りぬ寒の水/石塚友二

寒の水ひたひたと呑む猫の舌/大橋敦子

舌頭にとろりと甘き寒の水/高橋淡路女

潦そのまゝ寒の水となる/阿部みどり女

よき甕に寒九の水を封じけり/武田酔仏

出来過ぎの話寒九の水呷る/種子田誠子

山河眼にさやか寒九の水のめば/朔多恭

歓べる寒九の水ののんどかな/石塚友二

わさび田のまろ石寒の水ながれ/皆吉爽雨

寒の水かそけき音に煮たちけり/西島麦南

俳句例:81句目~

寒の水ごくごく飲んで畑に去る/飯田龍太

ごくごくごく水のまことの寒の水/齋藤玄

寒の水のみてうつし身二分けに/皆吉爽雨

寒の水もろもろのもの制し澄む/右城暮石

寒の水をたゝへて噴井煙りゐし/島田青峰

寒の水念ずるやうにのみにけり/細見綾子

寒の水柄杓飲みして山暮し/ながさく清江

老移民波止場の寒の水を飲む/伊丹三樹彦

寒の水飲めばたやすく心満つ/殿村菟絲子

寒の水胃の水琴の鳴るごとし/目迫のりを

寒の水澄む喋ることなくなりぬ/吉田紫乃

汲み上げて地の温みある寒の水/松下晴耕

寒水をのみはなちたる柄杓かな/飯田蛇笏

寒水を飲みはなちたる柄杓かな/飯田蛇笏

寒水速し深夜を少年少女といて/寺田京子

おささらの列へ寒九の浄め水/小枝秀穂女

父というおとこにありぬ寒の水/大西泰世

汲みあふる寒水の杓よるべなし/飯田蛇笏

焦土より寒水はしりいづるかな/加藤秋邨

生理日の渇き寒水ごくごくのむ/草村素子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ