季語/烏貝(からすがい)を使った俳句

「烏貝」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「烏貝」について

【表記】烏貝

【読み方】からすがい

【ローマ字読み】karasugai

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「か」で始まる春の季語

・「春の動物」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

烏貝を含む俳句例

世の隅の闇に舌出す烏貝/北光星

枯蓮や泥の深さの烏貝/野村喜舟

烏貝拾ふ雑嚢といふ鞄/星野紗一

長靴の長くなりゆく烏貝/緒方敬

埋木と共に掘られぬ烏貝/高田蝶衣

山鳴りが烏貝ほど雫せり/栗林千津

水潜り烏貝採り呉れし人/井手芳子

烏貝獲る舟動くともなくて/原鬼灯

烏貝は獲れ砂まみれ春時雨/中村汀女

烏貝三つ四つのせて舟戻る/野村泊月

烏貝少女はいつか乳房抱く/上原勝子

烏貝日の没る方を巷とす/加倉井秋を

烏貝泥におぼれて歩みゆく/火村卓造

素志折らずその後の月日烏貝/上村占

藍甕のつぶやくごとし烏貝/新村千博

池底に帯をしずめて烏貝/長谷川かな女

烏貝おろかな舌を出してゐる/篠田吉広

烏貝の臭ひが浦の活気なり/米澤吾亦紅

くはへゐる藁一とすぢや烏貝/黒米松青子

烏貝釣りあげられてうすにごり/相馬柳堤

俳句例:21句目~

いくら掘つてもおんなじ黒さ烏貝/加倉井秋を

春寒や蜆に交る烏貝/野風呂第一句集/鈴鹿野風呂

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ