季語/樫若葉(かしわかば)を使った俳句

「樫若葉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「樫若葉」について

【表記】樫若葉

【読み方】かしわかば

【ローマ字読み】kashiwakaba

子季語・関連季語・傍題・類語など

・樫茂る(かししげる:kashishigeru)

季節による分類

・「か」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

樫若葉を含む俳句例

樫茂る手垢だらけの解剖書/林徹

半鐘は峡の真中樫若葉/佐野たけ子

樫若葉橘寺のいらか見ゆ/高木良多

樫若葉金色仏の如くあり/沢出蒼子

樫茂る念力巌の如くなり/藤田尚平

剃りてなほ明恵髭濃し樫若葉/小澤實

樫若葉三四郎池やや暗し/鈴木しげを

樫若葉黒髪庵は暗きかな/川原みや女

記念樹の樹齢千年樫若葉/小俣由とり

青年の言葉は匂う樫若葉/松田ひろむ

青樫や秋天の雲にささやける/瀧春一

わが家にも遅き月照る樫若葉/赤井昭子

呼び売りの車来てゐる樫若葉/遠藤芳郎

大風や吹きしぼられて樫若葉/高木撫山

樫若葉夏はじめての雲が湧き/中村汀女

このあたり保護林といふ樫若葉/飯田弘子

樫茂りね見えぬ峰雲がその彼方/栗生純夫

自愛てふことばあたため樫茂る/鈴木太郎

ナイターの余光ざわめく樫若葉/根岸たけを

子のこころ離れゆくなり樫若葉/小島千架子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ