季語/ギヤマンを使った俳句

「ギヤマン」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「ギヤマン」について

【表記】ギヤマン

【読み方】ぎやまん

【ローマ字読み】giyaman

子季語・関連季語・傍題・類語など

・びいどろ(びいどろ:biidoro)

・切子(きりこ:kiriko)

・カットグラス(かっとぐらす:kattogurasu)

季節による分類

・「き」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

ギヤマンを含む俳句例

初詣ギヤマン耀ふ櫓門/須賀遊子

ギヤマンの鉢重代や冷奴/野村喜舟

ギヤマンの如く豪華に陽炎へる/茅舎

ギヤマンの深鉢に盛る葛桜/八木綾子

ギヤマンの箸置おいて夏料理/森信坤者

ギヤマンの藍に夏来る港町/坂根白風子

ギヤマンの酒官僚に遠くをり/藤田湘子

ギヤマンの雛の調度や成巽閣/田中明美

ギヤマンは遥けき冬の海の色/山本歩禅

リラ匂ふギヤマン窓の旧校舎/仙田洋子

白酒のギヤマンといふ一揃ひ/高野素十

ギヤマンにくづれやすきよ冷奴/武原はん

ギヤマンの涼しなつかし旧市街/宇咲冬男

葛切のギヤマン雷火奔りけり/水原秋櫻子

ギヤマンに星屑ひとつ入りにけり/谷口加代

ギヤマンを見し目くらがり蝶の昼/野川釈子

精霊舟ギヤマンの星夜焦し燃ゆ/野見山朱鳥

かなしきはギヤマンの瞳の毛皮の瞳/三橋鷹女

ギヤマンにちぐはぐなる日や夏時間/殿村莵絲子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ